読書カンゼン,ファンタジー,中二病大事典,数学,SF

中二病大事典

2、3年前ぐらいに東京に行った時に、書泉で購入。

「こんないい本あったよ~」

と一緒にいた白紙さんに見せたら、

「これ、家にありますよ」

と言っておられました。

中二って、かっこいいじゃん。
読むまでに、だいぶ時間かかったけど。

なんか、ファンタジーやSF的なガジェットよりも、数学とか物理の方がかっこよく感じるこの感覚が、中二っぽい。