西島大介,読書世界の終わりの魔法使い,子ども,影の子どもたち,河出書房新社,西島 大介

影の子どもたち 世界の終わりの魔法使い3

このシリーズは、すべての物語が、アンに凝縮していく物語なのかも。

傍若無人だったアンが、いろいろな体験をして、それでも傍若無人なままで、少しずつ心を持っていく。

ここから、新しい展開に入っていくようなので、またかわっていくのかもしれませんが、それでも、この物語世界の真ん中には、アンがいるような感じします。

西島大介,読書世界の終わりの魔法使い,九龍コミックス,恋におちた悪魔,河出書房新社,西島 大介

恋におちた悪魔 世界の終わりの魔法使い2

サン・フェアリー・アンとムギの最初の出会いの物語。

どうして、「世界の終わりの魔法使い」が始まったときから、サン・フェアリー・アンは、ムギに対して好意を持っていたのか、その理由がわかるみたいな。

でも、この物語でも、アンがムギのなにに惹かれたのか、とか、ムギがアンのなにに惹かれたのかとか、そういうことはわからない。説明になっていない。もともと、説明なんてできない。

まあそれは、一面の真実ではある。

西島大介,読書世界の終わりの魔法使い,九龍コミックス,河出書房新社,西島 大介

世界の終わりの魔法使い

多分、たった1つの言葉を伝えるためだけにかかれる物語があるんだと思う。
これが、そういうお話。

彼女こそが、ぼくの奇跡。

でも、待って欲しい。
彼女と出会っただけで、夢のような冒険が始まって、すべてが満たされてしまう。
そんな素敵な彼女。

でも、からっぽの自分は、何も変わっていない。
何も変わらないまま、しあわせになるために必要な彼女なんだから。

出会った瞬間から、ぼくを信じて、ぼくだけを見てくれる。

それはなんて都合のいい。

でも、西島 大介には、

「それは、全部フェイクだよ」

と言ってしまう悪意もある。
そんな都合のいいこと、みんなにおこるわけなくて、残される人間はずっと残される。

「どうでもいいさ」

とつぶやいて。