山下和美,読書モーニングKC,不思議な少年,山下 和美,講談社

不思議な少年4

人を待っている車の中で読んでいたら、来た人に、

「今、不思議な顔をしてたよ…」

と言われてしまった。
ちょうど、4巻ラスト、ベラがついに復讐する相手に会うあたりでした。

この話は、少年が女の姿になったり、そのまま年をとったりと、なかなか新機軸でした。
うーん、普段は、あんまり人と関わらずに、傍観している感じですが、この話では、かなり積極的にかかわっている感じです。

そのあたりの違和感というか、不思議な感触が、顔に出ていたのかも……。

山下和美,読書モーニングKC,不思議な少年,山下 和美,講談社

不思議な少年3

おもしろいよねぇ。題名は、「不思議な少年」なのに、少年の方が、

「人間は不思議だ」

なんて言っています。

少年の望むものは、いったいなんなんでしょう。
ちょっと、それが見えるような気がする3巻です。