永野護,読書ゴティックメード,ファイブスター物語,レ・ミゼラブル,映画,永野 護,花の詩女,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店

花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド

最近見た(?)映画の中では、「花の詩女」と「レ・ミゼラブル」がダントツに良かったです。

この本を眺めながら、思い出してドキドキしてしまいます。

まぁ、あのまま映画が終わらずに、いろんなところへ物語が飛んでいったら、もっと良かったけど(笑)
そうすると、寿命のうちに絶対に終わらなくなっちゃいますよねぇ。

そして、「ファイブスター物語」復活!!

天才っていうのは、今までやってきたこと全部をひっくり返すのに、躊躇わないのですね。
す、凄い。