島本和彦,読書アオイホノオ,リュウ,佐伯 かよの,小学館,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦,風の戦士ダン

アオイホノオ17

とうとう連載。
実は、わたしは「炎の転校生」からの読者で、「風の戦士ダン」は読んでないのです。
今ならかけるこの「闇戦士リュウ」と「風の戦士ダン」ほ読み比べてみたいですねぇ(笑)

佐伯 かよのさん、素敵。割と褒め上手。

大塚英志,読書アリオン,リュウ,二階の住人とその時代,大塚 英志,星海社新書,漫画ブリッコ,講談社,鈴木 敏夫

二階の住人とその時代 転形期のサブカルチャー私史

もろ、大塚さんの雑誌の世代で、びっくりするほどまったく知らなかったのに大塚さんの関わっていた雑誌や本を読んで育ってきていました。
「プチアップル・パイ」とか、リュウの「アリオン」とかは、徳間でアニメージュで、あの頃のおたくにとっては、まあ、基本みたいな物だからとにかくとして、「漫画ブリッコ」まで知っていたもんなぁ。
なんというか、「オレホイホイ」的な力があるよなぁと思います。

そういうものが、作り出されていく現場の話なので、おもしろくないはずがないです。

なんというか、アニメージュつくるときに、女子高校生たちを読んで鈴木 敏夫がいろいろ聞いた話は知っていたけれど、それが、浪速 愛だったとかを知ると、すごい楽しいです。

そして、あの頃のおたくは、パワフルだった。
便利になって、そのパワフルさを失っていくというのは、おもしろい現象だなぁと思います。

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,マンガ,リュウ,小学館,少年サンデーBOOKS,究極超人あ~る,週刊少年サンデー,OUT,SF

究極超人あ~る1

10巻が出るらしい。そして、ものすごい完全版BOXも。

うーん、欲しいけどおまけは別にいらんなぁ。あぁ、コミックスだけ出るんだ。うーん、カバーの感じが10巻だけ変わっちゃうけどそれでもいいかぁ~。

なんて考えていたら、地方の書店にまでは流通しなかったようで1、アマゾンでは凄い値段に。オイオイ。

しかたないので、Kindleで購入。10巻だけではさびしいので、全巻購入して1巻から読んでいます。

なんというか、高校生がみんな恋愛中心の生活しているんじゃないという感じと、SFと、パロディが良い感じでまざっていて本当に好きです。特に後半のでこちゃんが出てきてからの盛り上がりは、圧巻ですよねぇ。パロディからでてきたゆうき まさみらしいマンガです。

たしかコレ、ゆうき まさみが、

「メジャー誌でデビューします」

といったら、みんなから、

「『リュウ』ですか?」

と言われたという時代(笑)。「OUT」からの「週刊少年サンデー」連載って、やっぱり凄い。でも、あの頃、「リュウ」って、けっこう勢いあったんですよ。

  1. 完全版の「下」だけ、地元の大型書店で見ました。 []