カール・カーシル,ブレンダ・フレッチャー,ベッキー・クルーナン,内藤真代,読書Benden Fletcher,Karl Kerschl,カール・カーシス,ゴッサム・アカデミー,ブレンデン,ブレンデンBecky Cloonan,ベッキー・クルーナン,ベッキー・区ローナン,ランナウェイズ,小学館

ゴッサム・アカデミー カラミティ

知っていないといけない人物なのか、登場人物が知らないように、自分も正体とかわかっていなくても話がわかるのか、その辺の判断がまだ出来ません。DCのものをこれ以外に読んでいこうという気はないから、これからも、その問題はずっと続いていくのだと思います。

お話のノリも、1話1話バラバラで、わかりにくいなぁ。ギャグっぽいいっていたと思うと、突然、シリアスになったりして、ちょっとついて行けないところも。でも、絵は好きです。オリーブかわいい。

ヴィランの娘ということで、マーベルでいうところのランナウェイズみたいな立ち位置なのかなぁと思ったりしています。

カール・カーシス,Karl Kerschl,
ベッキー・クローナン,Becky Cloonan,
ブレンデン・フレッチャー,Benden Fletcher,
内藤 真代
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2017-02-22

トム・グルメット,ファビアン・ニシーザ,秋友克也,読書Fabian Nicieza,Tom Grummett,サンダーボルツ,シビル・ウォー,トム・グルメット,ファビアン・ニシーザ,ランナウェイズ,秋友 克也,MARVEL

サンダーボルツ シビル・ウォー

サンダーボルツは、名前は何度か聞いたような気がしますが、見るのは初めてかな。
ランナウェイズといい、サンダーボルツといい、長く続いているからこそのチームだなぁと思います。

あんまり、シビル・ウォーの本編とはかかわっていない感じの話はいろいろあったのですが、なんか、シビル・ウォーのおかげで、手駒が揃った的な恩恵を受けている話は、「シビル・ウォー」の中でも珍しい感じですねぇ。

サンダーボルツ シビル・ウォー
(MARVEL)
THUNDERBOLTS
A MARVEL COMICS EVENT
CIVIL WAR

トム・グルメット,Tom Grummett,
ファビアン・ニシーザ,Fabian Nicieza,
秋友 克也

ヴィレッジブックス

スティファノ・カセッリ,ゼヴ・ウェルズ,御代しおり,読書Stefano Caselli,Zeb Wells,スティファノ・カセッリ,ゼヴ・ウェルズ,ヤング・アベンジャーズ,ヤング・アベンジャーズ & ランナウェイズ シビル・ウォー,ランナウェイズ,MARVEL

ヤング・アベンジャーズ & ランナウェイズ シビル・ウォー

ヤング・アベンジャーズ、ランナウェイズ、双方、登録法反対です。
まあでも、最初は、話を聞かなくて激突するというのは、この手のクロスオーバーのお約束な感じですねぇ。

ランナウェイズは、アメコミの幅の広さというか懐の広さを感じさせる良い存在だなぁと思います。
親がどんなに悪い存在でも、自分自身はどうかということを常に問いかけてくる。ある意味、リアルな存在なんだと思います。

ヤング・アベンジャーズ & ランナウェイズ シビル・ウォー
(MARVEL)
YOUNG AVENGERS & RUNAWAYS
A MARVEL COMICS EVENT
CIVIL WAR

スティファノ・カセッリ,Stefano Caselli,
ゼヴ・ウェルズ,Zeb Wells,
御代 しおり

ヴィレッジブックス