読書,齋藤孝ヘルマン・ヘッセ,ムカツクからだ,文学,新潮文庫,新潮社,齋藤 孝

ムカツクからだ

最初に結論があってから、適当にしゃべってるだろうとか、ちょっと思います。
でも、納得できることも多いし、ある意味、自分の信念と責任をもって仕事をしているのだと思います。

まぁ、尾崎 豊が、しっかりした人みたいなのは、本当に勝手な解釈だと思います。
あと、文学は、ヘルマン・ヘッセ読めとか思います。でも、多分、感傷的すぎてこの人にはあわないのかも。

おもしろいと思うんだけど、なんか、波長があわないなぁ……。