押切蓮介,読書でろでろ,ゆうやみ特攻隊,シリウスKC,ホラー,マンガ,ミスミソウ,押切 蓮介,講談社

ゆうやみ特攻隊4

黒首島編。

ホラーというよりは、アクション要素が強くなってきた感じです。
まあ、「でろでろ」を期待して読んでいたら、いつの間にか「ミスミソウ」になっていたという怖さはありますよねぇ。

どんどん強くなる主人公達に、理由はあるのかというと、勢いという感じもしますが、まあそれは、少年マンガの王道です。

このあと、日常に戻れないんじゃないかというのが、若干の心配ですねぇ。

押切蓮介,読書ミスミソウ,双葉社,押切 蓮介,ACTION COMICS

ミスミソウ 下 完全版

完結編。
すごい話。最後まで、もっていった感があります。

救いのないラストだと思うのだけども、それでも、最後まで読んで欲しいと思う1作です。

押切蓮介,読書ハイスコアガール,ミスミソウ,双葉社,子ども,押切 蓮介,ACTION COMICS

ミスミソウ 上 完全版

今まで読んだ押切 蓮介とは、ちょっと違う一面をみせてくれる一編。というか、子ども時代に読んだらトラウマになるレベル。
たしかに、これ先に読んでいて、「ハイスコアガール」とか読んでたら、どこで女の子が豹変するのか、心配になるかも(笑)

まだ、前編ということで、今のところ全く救いがない感じの話になっています。悪意と憂鬱が取り巻いています。着地先に、救いというか、なにか突き抜けていくものがあるのかどうかはわからないのですが、続きを無理矢理にでも読まねばならない気にさせる物語ではあります。

そして、この前、新しい職場で、はじめてミスミソウこと雪割草を見ました。