今市子,読書ミステリー,今 市子,朝日コミック文庫,朝日新聞出版,百鬼夜行抄

百鬼夜行抄12

話が複雑になってきて、それにともなって律の物語への関わり方がちょっとワンポイント的になってくると、途端に難しくなってストーリーが追えなくなってしまいます。
つくづく、ミステリー脳ではないなぁと。

割と因縁のある家は、飯綱家だけではないですね。

エド・マクギネス,ジェフ・ローブ,御代しおり,読書Ed mcGuinness,Jeph Loeb,THOR,エド・マクギネス,ジェフ・ローブ,ハルク,ミステリー,ワールド・ウォー・ハルク,ヴィレッジブックス,MARVEL

ハルク レッドハルク

ワールド・ウォー・ハルク後のハルク。

レッド・ハルク出現から、バナーへの確認、そして、ハルク開放の流れは、なかなかおもしろいです。
レッド・ハルクがだれなのかという大きなミステリーも楽しい。

ただ、ずっとお話を追いかけられているわけではない1ので、こいつ正体とわかったときに、

こいつかーー!!

という驚きがあるかどうかというのが、ちょっと心配です。

エド・マクギネス,Ed mcGuinness,
ジェフ・ローブ,Jeph Loeb,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 :
  1. そもそも、翻訳された物しか知らない上に歴史が長すぎるので。 []

灰原薬,読書バンチコミックス,ミステリー,応天の門,新潮社,灰原 薬,陰陽師

応天の門1

消えたので、書き直し感想です。

なんか、夢枕漠の「陰陽師」を読んでいるような雰囲気です。バディ物だしねぇ。
でも、不思議なことが起こるわけでない、なんだろう、ジャンルとしてはミステリーかな。

ちよっと、読みたいけど手を出していなかったのですが、Kindleで安売りしていたので購入。これは、買って良かった。

江戸川乱歩,読書ミステリー,京極 夏彦,光文社,光文社文庫,探偵小説四十年,栗本 薫,江戸川 乱歩,江戸川乱歩全集

探偵小説四十年 上 江戸川乱歩全集28

さて、いよいよ、江戸川乱歩全集もこの「探偵小説四十年」の上下巻をもって終了です。
2018年中は無理でも、2019年には読み終えられそうです。

どんな知識でも、知識があるっておもしろいって事だなぁと思います。わたしが、オタクに憧れるのも、そういうおもしろさです。
むかし、植物博士と呼ばれる人と、山を一緒にあるいたことがあります。その人が、ものすごくいろんなことを説明してくれて、見えている世界が、まったくわたしの何倍もあることに気づかされたことがあります。そして、その人が見えている世界を教えてもらうだけで、自分の視野も広がってめちゃくちゃ楽しい。
もちろん、その広がった視野は、その人がいなくなったら、あったいう間に元に戻っちゃうのですが、それでも、その話を聞いている時間というのは、やっぱりいいものです。

で、この本。
江戸川 乱歩が、日本のミステリーの歴史について話しているんだから、もう、おもしろいに決まっています。
本当に、今も生きていて、栗本 薫や、京極 夏彦のことをどんな風に語ったかとか、聞きたいです。

江戸川乱歩,読書ミステリー,光文社,光文社文庫,江戸川 乱歩,江戸川乱歩全集,芋虫,陰獣

陰獣 江戸川乱歩全集3

さて、2003年から読み続けてきている「江戸川乱歩全集」も、残すところあと2冊。「探偵小説四十年」の上下巻でおしまいになります。
長かったと思うのですが、全部、読んでこれたというのは、やっぱり江戸川 乱歩が、とてつもなく面白かったのだと思います。

「陰獣」と「芋虫」が、この本の中では良い感じですね。普通な評価ですな。そういうものです(笑)

「陰獣」は、最後、ぼかしてあるとこが批判されているみたいだけど、アレはもっと深読みするんだ。わたしは、真犯人がきっと別にいて、それを分からなくするためにあの小説が書かれたのだと思っています。つまり、春泥の本当の正体は……。
そして、それを暴けという、乱歩からの挑戦なのです。
だから、あのラストの思わせぶりな言葉があるんだよ~と、信じています。

「芋虫」は、話自体は知っていたけど、読んだのは初めてです。ミステリーでも何でもないじゃんと思いながら、けっこう、想像していたほど陰惨な印象はなかったです。
どうなんだろう。今なら、書くことも、発表することも出来ないのかなぁ。

それはそれで、難しい時代だと思ってしまいます。