読書,青池保子『エロイカより愛をこめて』の創りかた,エロイカより愛をこめて,マガジンハウス,マガジンハウス文庫,マンガ,萩尾 望都,青池 保子

『エロイカより愛をこめて』の創り方

マンガ家エッセイ。
これは、わりと最近のもののようです。元の本が出版されたのが2005年だから、まだ10年たっていない。

この人は、ものすごく論理的な人なのだということがよくわかる。すごい読みやすい。
萩尾 望都さんの場合、論理を追いかけすぎて迷宮に入ってしまう感じがするのだけれど、それがなくって、ものすごく整理された感じです。

しかし、この時代の人気漫画家さんたち、独身が多い気がするな。やっぱり、鬼のように働いていた時代だからだろうか?