池田理代子,読書ベルサイユのばら,天の涯まで,帝王列記,朝日文庫,朝日新聞社,歴史,池田 理代子

天の涯まで 上

ポーランドの歴史。
大国にはさまれた小国。とっても大変。

このあたりの話は、たしか、TRUTH IN FANTASYの「帝王列記」かなんかで読んだ記憶があります。
確か、エカテリーナのところとかかな。

それ以外は、まぁ、馴染みがないです。

大国の思惑に翻弄される小国の悲しさみたいなお話です。でも、登場人物が、今ひとつ、誰が誰か覚えきれないという、自分から遠い歴史物にありがちな感想。

「ベルサイユばら」ほどの派手さはないです。

木原敏江,読書ベルサイユのばら,マンガ,小学館,政治,木原 敏江,杖と翼,PFコミックス

杖と翼6

こちらも、とうとう完結です。

フランス革命のマンガは、「ベルサイユのばら」以降いろいろあるのですが(あるっけ?今、わたしが思いついたのは、「ラ・セーヌの星」)、革命家たちの政治闘争が話の中心になっているのは、珍しいかも。

いろいろと知らないことが見えてきて、おもしろかったです。