吉本浩二,宮﨑克ブラック・ジャック,ブラック・ジャック創作秘話,吉本 浩二,少年チャンピオ,少年チャンピオン,少年チャンピオン・コミックス,少年チャンピオン・コミックス エクストラ,手塚 治虫,秋田書店

ブラック・ジャック創作秘話2 手塚治虫の仕事場から

持っている熱量が、人とは全然違う人。
恨んでいる人も、あこがれている人も、なんであれ近くにいる人を無理矢理巻き込んでいくむちゃくちゃなパワーのある人。

それが、手塚 治虫。
もしかしたら、手塚 治虫というのは、人の名前ではなくて、その熱量そのものなのかも。

布団に入って、内緒で原稿描きとか……。
存在そのものが、もう伝説。

手塚治虫,読書ブラック・ジャック,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

ブラック・ジャック5 手塚治虫文庫全集

ドクター・キリコも、いいよねぇ。
こんだけのキャラを作ったら、すぐに、主人公と対決させたくなると思うんだけど、20話ぐらいに1回しかでてこないという配置の仕方も凄い。
こいつに頼らなくても、いくらでも話しかけるんだぜ的な。わたしの妄想ですが。

何よりも大切なことは、自己満足。
そういえば、勝手に聞こえるか?自分が納得することが大切。そのために手を抜かない。

手塚治虫,読書ドラえもん,ブラック・ジャック,半神,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,萩尾 望都,藤子・F・不二雄,講談社

ブラック・ジャック4 手塚治虫文庫全集

藤子・F・不二雄の「ドラえもん」とかもそうですし、萩尾 望都の「半神」も、そして、この「ブラック・ジャック」もなのですが、この短いページ数で、物語として成り立つんだという凄さを感じます。

吉本浩二,宮﨑克ブラック・ジャック,ブラック・ジャック創作秘話,吉本 浩二,宮﨑 克,少年チャンピオン・コミックス,少年チャンピオン・コミックス エクストラ,手塚 治虫,秋田書店

ブラック・ジャック創作秘話 手塚治虫の仕事場から

手塚伝説。
おそらく、手塚 治虫が生きてたら、怒ると思います(笑)ものすごい下手な絵で、ものすごく泥臭い。

でも、たぶん、この絵と同じぐらいの泥臭さのなかで、描いていたんだろうな~。
この無理矢理人を巻き込まずにはいられない熱量。近くにいたら迷惑。でも、魅力的。

それが天才。
よく伝わります。

手塚治虫,読書ブラック・ジャック,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

ブラック・ジャック3 手塚治虫文庫全集

金にならない手術はしないといいながら、傷口を見ればミイラでも手術をせずにいられない。
そして、プライドが高くて、人が出来ることを自分が出来ないということを絶対に認められない。

実は、ブラック・ジャックの魅力は、そんな、人間的なゆがみのある彼が、それでも、いい人でありつづけるところではないかと感じます。

憎めない人だよねぇ、こうして見ると。もっと、クールな人だと思っていたけど、そんなことないという。