克・亜樹,読書ビッグ コミックス,ビッグ コミックス モバMAN,克 亜樹,小学館,透明人間,透明人間↑↓協定

透明人間↑↓協定4

助けたいとか言っていますが、追い詰めているとしか思えないという。

そして、今調べてみたら、もう5巻目で完結しているという……。

いろんな意味で、オイオイ。
まとまるのか?

克・亜樹,読書ビッグ コミックス,ビッグ コミックス モバMAN,克 亜樹,小学館,透明人間,透明人間↑↓協定

透明人間↑↓協定3

彼女はいなくなりたいのか、認めて欲しいのか。
ただ助けたいのだとしたら、なぜ、助けたいのか。そして、それが助けになると思う理由はなんだろう?

克・亜樹,読書ビッグ コミックス,ビッグ コミックス モバMAN,克 亜樹,克・亜樹,小学館,透明人間,透明人間↑↓協定

透明人間↑↓協定2

思わせぶりな感じで、お話が進んでいきます。
この読者の興味を引っ張っていく力業は、克 亜樹はうまいよねぇ。

題名の透明人間の後にある矢印が気になります。これ、本当は2つの矢印が絡まったみたいになっているのです。
矢印が表す物といえば……。
うーん。

克・亜樹,読書ふたりエッチ,ビッグ コミックス モバMAN,克・亜樹,小学館,透明人間,透明人間↑↓協定,ONE PIECE

透明人間↑↓協定1

透明人間といえば、「ONE PIECE」のサンジも憧れていたという男子垂涎の能力ですよねぇ。
まあ、昔から物語の題材にもなってきましたが、基本マッパでないといけないとか、けっこうメンタルが強くないと使いこなせない能力ではないかと思います。

「ふたりエッチ」の克・亜樹がかくのだから、まあ、そういう話です。
でも、今回は、本当に見えなくなるのではなくて、そういう設定になるだけという。そして、同棲もの。

これはこれで、メンタルが強くないといたたまれない気がします。というか、主人公、死のうと思っていた割には図太く、調子いいです。

さて、女の子が何を考えているのかがわからないので、ここから、鬱展開も充分ありえるところが、ちょっとこの人の怖いところかなぁ。
普通に、エッチなコメディになる可能性もあるけど、そうなると、おもしろさの半分ぐらいはなくなってしまう感じですね。

わたしはどっちが読みたいなだろう?
とか、考えている今の感じが、けっこう楽しいです。