島本和彦,読書ビッグバンプロジェクト,マンガ,ワンダービット,島本 和彦,島本和彦 漫画全集,霊界トトカルチョ,SF

ワンダービット1 熱血SF短編集 霊界トトカルチョ 島本和彦 漫画全集

「ログイン」誌は、一時期、めっちゃ読んでた。
30年ぐらい前の「ログイン」。ちょうどカラーのPC98のノートパソコンを購入して、メチャクチャ読んでいた頃ではないだろうか……。

微妙に、「バーニングガイ」とか、知っている気がします。

ゲームマンガじゃなくて、SFに舵をきったのは、正解だったと思います。「熱血」SFって何よってなるけれど。
「霊界トトカルチョ」は、傑作です。島本先生の時間つぶしの雑誌とタメになる本に、そんなに差がないところも好きです。まあ、どっちがタメになっているかなんて、わらりゃしないと思います。

島本和彦,読書インサイダーケン,ビッグバンプロジェクト,ワンダービット,島本 和彦,島本和彦 漫画全集

インサイダーケン2 ワンダービット 島本和彦 漫画全集

どうしても、幻想のぬるま湯世界よりも、現実に足をつけてたい感じが勝っています。
多分、この分野では、幻想のぬるま湯につかりきっている物語の方が、ウケはいいと思います。

まあでも、どっちも大事。と、無難にまとめておこう。

島本和彦,読書たがみ よしひさ,インサイダーケン,ビッグバンプロジェクト,マンガ,ワンダービット,島本 和彦,島本和彦 漫画全集,私立北鳳高校K.I.E

インサイダーケン1 ワンダービット 島本和彦 漫画全集

アウトサイダーという言葉にひかれるわたしですが……。
さすが、熱い男、島本 和彦。インサイダーとは。

ゲームマンガの黎明期……かな。もうすでに、たがみ よしひさは、「私立北鳳高校K.I.E」はかかれている。

島本和彦,読書ビッグバンプロジェクト,マンガ,島本 和彦,島本和彦 漫画全集,必殺の転校生,華麗なる挑戦者

必殺の転校生/華麗なる挑戦者 島本和彦 漫画全集

「アオイオノオ」と同時進行で読むと2度楽しい「必殺の転校生」です。

わたしの島本 和彦体験の原点は「炎の転校生」で、そのさらに原点的な作品ということで、好きです。
まあ、この頃から、「元気のでるマンガ」ですよねぇ。

今も昔も、島本 和彦のマンガに期待していることは、ひたすら「元気ができること」です。
そして、その期待に、答え続けてくれていると思います。

こうやって読むと、まあ本当に「穂脳の転校生」そのままで、2回かいたのかよ…とか思ったりもしますが、自分の信じることを何回もマンネリとか気にせずにかいていくのが、巨匠の条件だと思ったりもします。
まあ、読み切りから連載にもっていくジャンプ的な感じですよねぇ。

ビッグバンプロジェクト(宮北和明),今川泰宏,富野由悠季,島本和彦,矢立肇,読書ガンダム,ビッグバンプロジェクト,今川 泰宏,仮面ボクサー,宮北 和明,島本 和彦,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店,超級!機動武闘伝Gガンダム

超級!機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗!8

新宿・東方不敗!、完結。

ドモンも、これで、さすがにふっきれたのかな。

この吹っ切れなさと、吹っ切れたときの描写は、島本得意の展開です。
まあたまに、「仮面ボクサー」みたいに、吹っ切れるまでに時間かかりすぎな人もいますが。

マスター・アジアのキャラもいいわぁ。

元気出ます。

島本 和彦,宮北 和明とビッグバンプロジェクト,今川 泰宏,矢立 肇,富野 由悠
角川書店,KADOKAWA
発売日 : 2013-07-25