藤子・F・不二雄,読書ドラえもん,小学館,藤子・F・不二雄,藤子・F・不二雄大全集

ドラえもん8 藤子・F・不二雄大全集

けっこう、この巻は、のび太が、うまいこといく話も続いています。

このあたりは、アイデアの出方が、そっちの傾向にあるときというのがあるのかもしれません。また、時代によって、ウケる傾向が違うので、かき分けていたのかもしれないとも思います。
意識しないで、本能的なものなんでしょうね。

藤子・F・不二雄,読書ドラえもん,マンガ,小学館,藤子・F・不二雄,藤子・F・不二雄大全集,21エモン

21エモン1 藤子・F・不二雄大全集

今初めて知ったけど、「ドラえもん」とは違って、エモンが、ひらがななんですね。

少し、年齢層が高い読者を対象にしたマンガのようで、結構、キャラクターの性格が、意地悪です。このあたりの仲の悪さは、「キャプテンフューチャー」が入ってるのかも。

藤子・F・不二雄,藤子不二雄A,読書オバケのQ太郎,ドラえもん,小学館,石ノ森 章太郞,藤子・F・不二雄,藤子・F・不二雄大全集,藤子不二雄A

オバケのQ太郎6 藤子・F・不二雄大全集

1年生の「オバケのQ太郎」です。
ドラえもんのときもそうだったのですが、1年生向けの作品のレベルの高さにおどろいています。コマも大きくて、読みやすいです。

この辺になると、以前していた石ノ森 章太郞の臭いがすっかりぬけている気がします。

藤子・F・不二雄,読書オバケのQ太郎,ドラえもん,リアル,小学館,藤子・F・不二雄,藤子・F・不二雄大全集

ドラえもん7 藤子・F・不二雄大全集

このあたりは、リアルタイムで読んでいるというよりも、コミックスで読んだのかなぁ。
けっこう、印象に残っているお話が多いです。ドラえもんを読み始めたのが、このあたりの話からなのかもしれません。

この藤子・F・不二雄全集ですが、泣かせる解説が多いですねぇ。吉本 ばななの「オバケのQ太郎」の解説も泣けましたが、今回の瀬名 秀明も、けっこう良いです。

藤子・F・不二雄,読書ドラえもん,小学館,藤子・F・不二雄,藤子・F・不二雄大全集

ドラえもん6 藤子・F・不二雄大全集

このあたりのドラえもんって、本当に、ノリノリですねぇ。
わたしも、「ドラえもん」が読みたくて、「小学1年生」から「小学6年生」までを並行して立ち読みしていた時期があって、多分、ちょうどこの時期ではないかと思います。