河惣益巳,読書サラディーナ,ツーリング・エクスプレス,マンガ,河惣 益巳,白泉社,白泉社文庫,風の城砦

風の城砦1

「サラディーナ」も、「ツーリング・エクスプレス」も、なんだけれど、この人の作品、読めば、びっくりするぐらい面白いですよねぇ。いつも、想像の上をいきます。

少女マンガのおもしろいところと、男マンガ(というか劇画?)のおもしろいところが、ものすごく上手にミックスされている感じ。

ということで、今回も、良いですよ。

田村由美,読書やおい,ツーリング・エクスプレス,マンガ,小学館,小学館文庫,巴がゆく!,田村 由美

巴がゆく!4

「ツーリング・エクスプレス」を読んでいるときにも感じたのですが、男がかっこいいと思ってかく男と、女がかっこいいと思ってかく男とは、ちょっと差があるなぁと……。

女がかくと、どこか、危うさをもとめてしまいますね。男の方は、安定していた方がかっこよく感じるみたいです。

そのなかで、田村 由美のかく男って、危うさもありながら、かなり男にとってもかっこよく感じる気がする。

男が読んでも、女が読んでも、おもしろいと思うのは、こういうところだと思います。1

  1. 「ツーリング・エクスプレス」は、やおいマンガというところをさしひいても、あんまり男ウケはしない気がします。 []

河惣益巳,読書ツーリング・エクスプレス,河惣 益巳,白泉社,白泉社文庫

ツーリング・エクスプレス14

解説読んでたら、本当に、ボスキャラとか書いてあったので、爆笑してしまいました。
ここにきて、エドとからんでるファラは、けっこういい女だなぁと思ってみたり。

しかし、くっついちゃうと、やっぱり、シャルルの行動は、かなり制限されてしまうなぁ。行動派が2人もいたら、話に収拾がつかなくなるから、しかたないか。

えっ、まだ、続編があるのですか?
では、文庫で出るなら、続きを読もう。

河惣益巳,読書ツーリング・エクスプレス,河惣 益巳,白泉社,白泉社文庫,13

ツーリング・エクスプレス13

文庫版「ツーリング・エクスプレス」も、次の巻で完結です。

どーやら、ラス・ボスがはっきりしてきた感じがしますねぇ(笑)

しかも、次世代も生まれて、続編の布石を打ったかな?

河惣益巳,読書ツーリング・エクスプレス,河惣 益巳,白泉社,白泉社文庫

ツーリング・エクスプレス12

ひっついた後も、おもしろく続いている「ツーリング・エクスプレス」です。
この文庫版では、あと2巻で完結するようです。

ある意味、ひっつく前よりも、今の方がおもしろいです。おもしろいんだけど、唯一不満があるとすれば、シャルルが完璧に女の子になっちゃったことですかねぇ。

今は、ディーンとエドの話になっています。