ハワード・フィリップス・ラヴクラフト,原田雅史,読書Howard Phillips Lovecraft,クラシックCOMIC,ダーレス,チャールズ・ウォードの奇怪な事件,ハワード・フィリップス・ラヴクラフト,ホラー,原田 雅史,PHP研究所

チャールズ・ウォードの奇怪な事件 クトゥルフ恐怖譚

こう、恐怖はあるのだけれど、決してしっかりとは見えないというところが、ホラーなんだろうなぁと。
そのあたり、ダーレスには難しいのかも。

まあでも、そこが雰囲気を出しているところだけれど、そこがもどかしくなんともつまらなく感じる部分でもあります。
だから実は、ダーレスも好きです。