天狼プロダクション,栗本薫,読書グイン・サーガ,グイン・サーガ・ワールド,タイスのたずね人,ハヤカワ文庫,図子 慧,天狼プロダクション,早川書房,栗本 薫

グイン・サーガ・ワールド5

今回楽しかったのは、図子 慧の「タイスのたずね人」。
豹・美の組み合わせのせいで荒れたか。
これは、凄い。上手い。よい外伝だと思います。グイン・サーガっぽくはないのだけれど。

東京サーガも、グイン・サーガと関わりがあるんだから、だれか続けていって欲しいなぁ。
特に、栗本 薫と印南 薫のダブル薫・サーガ(今、適当にわたしが名前をつけた)の続きが読みたいです。