エド・マクギネス,ジェフ・ローブ,御代しおり,読書Ed mcGuinness,Jeph Loeb,THOR,エド・マクギネス,ジェフ・ローブ,ハルク,ミステリー,ワールド・ウォー・ハルク,ヴィレッジブックス,MARVEL

ハルク レッドハルク

ワールド・ウォー・ハルク後のハルク。

レッド・ハルク出現から、バナーへの確認、そして、ハルク開放の流れは、なかなかおもしろいです。
レッド・ハルクがだれなのかという大きなミステリーも楽しい。

ただ、ずっとお話を追いかけられているわけではない1ので、こいつ正体とわかったときに、

こいつかーー!!

という驚きがあるかどうかというのが、ちょっと心配です。

エド・マクギネス,Ed mcGuinness,
ジェフ・ローブ,Jeph Loeb,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 :
  1. そもそも、翻訳された物しか知らない上に歴史が長すぎるので。 []

エド・マグギネス,ジェフ・ローブ,御代しおり,読書Ed McGuinnessJeph Loeb,エド・マグギネス,ジェフ・ローブ,ワールド・ウォー・ハルク,ヴィレッジブックス,MARVEL

ハルク レッドハルク

ワールド・ウォー・ハルクの後のお話。

ハルクは、地下に幽閉。
でも、地上で赤いハルクが暴れていて。

ということで、赤いハルクと緑のハルクが、激突します。
赤いハルクの正体は、まだ、わからない。

エド・マグギネス,Ed McGuinness,
ジェフ・ローブJeph Loeb,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 :

ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,堺三保,読書Jeph Loeb,Tim Sale,あ・そ・ぼ,ジェフ・ローブ,スパイダーマン,ティム・セイル,デアデビル,小学館,小学館集英社プロダクション,映画

デアデビル ブルー

色シリーズとでもいうのかな。
「あ・そ・ぼ」では、「スパイダーマン ブルー」の感想を書いています。

さて、それの「デアデビル」版です。
「デアデビル」は、映画を1本見たのと、暗くて思いコミックスを数冊読んだだけで、思い入れがけっこうないんですよねぇ。
話の構造自体は、「スパイダーマン ブルー」と同じ感じで、いい話なんですが、スパイダーマンのときみたいに大泣きはしないです。というか、あんまりにも、「スパイダーマン ブルー」と同じ話すぎるのかも。

でも、このちょっと古いアメコミの感じは好きです。

ティム・セイル,Tim Sale,
ジェフ・ローブ,Jeph Loeb,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2016-06-22

ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,読書,高木亮Jeph Loeb,SPIDER-MAN,Tim Sale,ジェフ・ローブ,スパイダーマン,ティム・セイル,小学館,小学館集英社プロダクション,集英社,MARVEL

スパイダーマン ブルー

グウェンとの思い出を語るピーター・パーカー。
わたしら古いファンは、多分、大泣きしています。

でも、グエンが誰で、どうなったのかを知らない人にとっては、なんのことなのかはわからない物語だと思います。

ピーター、けっこうモテてるやん。

そして、MJの最後のセリフ……。
もう、わたしにとっては最高傑作です。