甘詰留太,読書ジェッツ・コミックス,年上ノ彼女,甘詰 留太,白泉社

年上ノ彼女5

「次巻、衝撃の急展開!」

って、今まで、これだけのことをして置いて、なんにも考えていなかったとしたら、そっちの方が衝撃なのですが?
若いって、そういうこと?

甘詰留太,読書ジェッツ・コミックス,マンガ,甘詰 留太,白泉社

年上ノ彼女4

うーん。
あの連れ戻すところで終わった方がよかった感じはありますねぇ。
主人公がモテすぎるのが問題っていう気もしますが。なんか、この人のマンガの主人公って、自分モテないと思っているけど実はモテているということが多いですねぇ。
なんでも、そこそこできるし。コンプレックスもなくなってくると、段々と共感ができなくなってきました。

克・亜樹,読書ふたりエッチ,ジェッツ・コミックス,克 亜樹,白泉社

ふたりエッチ62

別に、それから卒業しないといけないとか、リア充じゃなきゃいけないとか、お前らに「目障り」以外の迷惑をかけてねぇだから、ほっときゃいいじゃねぇかと思います。

責任もとらないくせに、横からゴチャゴチャ言って、いい人のつもりか?

羽海野チカ,読書ジェッツ・コミックス,白泉社,羽海野 チカ,3月のライオン

3月のライオン10

久方ぶりの新刊。

てっきり、わたしはあかりさんとひっつくのだと思っていました。
まあそれは、よく考えたら、たんにわたしの好みからくる願望なのでした。
思い起こせば、何巻も前から、彼の目はそっち向いていたよなぁと納得した1巻。
しかも、この巻の中ですら、けっこう決定的なシーンがあるのに、父親の前で宣言するまで、気づかなかったわたしは、アホだなぁと。

この「3月のライオン」と「海街ダイアリー」は、わたしのなかでは、同じ棚に入っていて、ものすごく劇的なことがおこっていたり、変化が目に見えているわけでないのに、静かに確実に物語が前に強く動いてるのを感じる不思議な話です。

克・亜樹,読書ふたりエッチ,ジェッツ・コミックス,克 亜樹,白泉社

ふたりエッチ61

盛り上がりも、落ち込むこともないというのが、長く続く秘訣かもしれません。