安彦良和,読書ジェッツ・コミックス,三国志,安彦 良和,王道の狗,白泉社

王道の狗2

豊かさというのは、なんだろう?
それが、今までの幸せを崩してしまうのなら、それは、本当に豊かさなのか?

安彦良和,読書ジェッツ・コミックス,三国志,安彦 良和,王道の狗,白泉社

王道の狗1

昔、「NHK人形劇三国志」で言ってました。

「ええのが王道、悪いのが覇道」

わ、わかりやすい。

When I'm 64,竹宮惠子,読書ジェッツ・コミックス,ブライトの憂鬱,子ども,白泉社,私を月まで連れてって!,竹宮 惠子

ブライトの憂鬱2

「私を月まで連れてって!」の続編です。
で、子どもの世代の続編というのは、まあ、よくある話なんですが、この「ブライトの憂鬱」のすごいところは、今作の主人公は、前作の主人公の子どもではないというところ。
題名通り、パーフェクトレイディおヤエさんの子どもブライトが主人公なのです。

前作は、そのブライトが、妹離れをする話。そして、今回は、ついに彼の前に運命の恋人が!!

さて、ブライトは、おヤエさん似のしっかりタイプです。でも、おヤエにとっては、そこがものすごく危うく、不健康に見えて、悩みの種なのです。
おヤエさんみたいな人でも、子育てには悩むんだなぁと、とっても感心したのが第1巻。

今回は、彼が決して思っていたほど孤独ではないということを理解するというお話。

おもしろすぎるので、夢中になって読んでいると、ちょっと自分の家庭が不和になりかけました(笑)