栗本薫,読書ゲルニカ1984年,ハヤカワ文庫,早川書房,栗本 薫

ゲルニカ1984年

1984年に書かれた本…だったはず。
多分、この本のハードカバーを1984年に見た覚えがあるような気がする。
今から、30年前ですよ。

でも、この小説のなかで語られるこの閉塞感は、今の方がリアルで近くにあると感じます。
30年たって、この小説は、いまなお「今」です。

未来視、栗本 薫。恐るべし。