永井豪,読書ゲッターロボ,ダイナミックプロ,マジンガーZ,レッドバロン,子ども,日本文芸社,永井 豪,激マン!,激マン!マジンガーZ編,NICHIBUN COMICS

激マン!マジンガーZ編4

せっかく書いた4巻の感想が飛んでしまっていたので、もう1度書きます。読んでいた方には、繰り返しになるかもしれませんし、全然、前と違うことを言っているかもしれませんが、お許しくださいませ。そして、しばらく、こんなんが続きます。
ここで、自分のツィッターで、更新情報をだしていて、それに書き出しが書いてあるの気づきました。それを元に…。

ジャンボマシンダー。おぉ、懐かしい。
ロケットパンチするやつ欲しかった。

うーん、なんかうちにも1つあった気がするのだが。レッドバロンはお金持ちの友だちの安ちゃんの家にあったよなぁ。マジンガーでなくて、ゲッターロボだったような気もします。でも、ロケットパンチは、アタッチメントでついていた記憶が。

このジャンボマシンダーと超合金が、子どもの頃欲しかったもののかなり上位を占めていた。

朝松健,読書クトゥルー,クトゥルー・ミュトス・ファイルズ,ゲッターロボ,創土社,崑央の女王,朝松 健,歴史,神話,菊地 秀行

崑央の女王 新装版 クトゥルー・ミュトス・ファイルズ4

割と地味めで正統派な「邪神王国」とは打って変わって、ノンストップアクションな感じのお話でした。
日本のクトゥルーって、このイメージが強いです。これは、菊地 秀行のスーパーピーローたちの影響は大かな。

でも、歴史と現在、そして、クトゥルー神話を絡めるというのは前作同様に、上手いです。

あと、ゲッターロボが絡めば、最高に美味しい……と思うのは、わたしだけかも。

下口智裕,永井豪,清水栄一,石川賢,読書ゲッターロボ,ゲッターロボ デボリューション,下口 智裕,少年チャンピオン・コミックス・エクストラ,永井 豪,清水 栄一,秋田書店,鉄のラインバレル,ULTRAMAN

ゲッターロボ デボリューション 1 宇宙最後の3分間

石川 賢の未完の名作に、「鉄のラインバレル」の2人が挑む。
「ULTRAMAN」とは違う、ストレートな表現で、今のところ、良い感じです。
あとは、小さくまとめたらダメだと思います。

もう、未完になる気満々(笑)で、バリバリ先を進めて欲しいです。

永井豪,読書ゲッターロボ,ゲッターロボG,ダイナミックプロ,チャンピオンREDコミックス,永井 豪,秋田書店,魔王ダンテ,魔王ダンテ対ゲッターロボG

魔王ダンテ対ゲッターロボG

何で今、この作品なんだろうと思うところはありますよね。でも、逆に考えると、これだけ時代が移り変わっても、読まれ続けられるだけのものを、このお話たちは、持っているということなのかも。

そして、巧く激突をさけていますねぇ。でも、魔王の方が、ゲッターロボより強そうですが……少なくとも、Gでは歯が立たない感じです。

そして、ゲッター線でゲッターロボが進化していくのにも、実は神の計画が……的な話も、読みたい気がする(笑)

永井豪,読書ゲッターロボ,ダイナミックプロ,チャンピオンREDコミックス,デビルマン,永井 豪,石川 賢,秋田書店

デビルマン対ゲッターロボ

ゲッターロボは、今となっては、やっぱり石川 賢のものなかのなぁという気がちょっとする。

しかし、これ、大昔の東映まんがまつりかなにかのために、かかれたものかとおもっていましたが、2010年の作というのが、凄いな。
もしかすると、石川 賢への鎮魂歌としてかかれたものなのかな?