手塚治虫,読書グランドール,フライングベン,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

フライングベン2 手塚治虫文庫全集

犬に愛がないので、「フライングベン」よりも、「グランドール」の方がおもしろかった。
そもそも、なんで宇宙犬になるのかがわからん……。フライングだからか?

「グランドール」は、猿丸くんも含めて、なかなか楽しい。そして、ラストも、けっこうしびれます。
こういう終わり方、好きなんですよねぇ。