嶋星 光壱,松本零士,読書キャプテンハーロック,キャプテンハーロック 次元航海,チャンピオンREDコミックス,ニーベルングの指輪,嶋星 光壱,松本 零士,秋田書店

キャプテンハーロック 次元航海3

ゼロまで、出てきた。
ヤマト、まほろばまで内包していく話になっていくのかなぁと、けっこう、ワクワクが止まりません。

そして、松本 零士自身の「ニーベルングの指輪」の続きが読みたい。

嶋星 光壱,松本零士,読書キャプテンハーロック,キャプテンハーロック 次元航海,チャンピオンREDコミックス,ニーベルングの指輪,嶋星 光壱,松本 零士,秋田書店

キャプテンハーロック 次元航海2

良いリメイク。素晴らしい。
そして、松本 零士本人は、「ニーベルングの指輪」を完結させて欲しい。もしくは、それさえも、この物語に入れ込んで欲しい。

嶋星 光壱,松本零士,読書キャプテンハーロック,キャプテンハーロック 次元航海,チャンピオンREDコミックス,マンガ,嶋星 光壱,松本 零士,歴史,秋田書店

キャプテンハーロック 次元航海1

ストーリー的には、「キャプテンハーロック」のリメイクな感じです。
でも、その中に、松本 零士作品が、「歴史」として、バシバシ入ってきていて、もう、松本 零士ファンにはたまらない感じになっております。

まさか、ダンガードエースまで正史に組み込むのか!!

まあ、その影響でいろいろ時空が歪んだりしているのですが、それはもう、松本マンガでは良くある事です(笑)

唯一の不満は、松本 零士の絵でないことかなぁ。この絵も悪くないというか、そんなに違和感ないのですけどね。

松本 零士さんの作品は、完結しない事も多いのですが、これは完結して欲しいですね。