小林保治,読書エッチな古典,小林 保治,新人物往来社,新人物文庫

エッチな古典

いやぁ、題名に惹かれて購入したのですが(最低ですな・笑)、期待したほど過激じゃなかった。
なんというか、昔の笑える下ネタ集みたいな感じでした。まあでも、昔の人が、身近に感じられたかな。

これは、元本があるみたいで、元の題名の「平安京の仰天逸話」の方が、よく内容を表していると思います。
まあでも、わたしみたいにだまされて購入する人間もいるので、この題名は、まんまと成功しているわけですね。