下口智裕,清水栄一,読書ウルトラマン,ヒーローズクミックス,下口 智裕,小学館,小学館クリエイティブ,清水 栄一,ULTRAMAN

ULTRAMAN2

諸星って、ダンなんでしょうか?

黒幕に、ゼットンのいるウルトラマン。どうなっていくのか、ドキドキしますが、自分のしっているウルトラマンとは、やっぱり別物な感じはします。

まあ、別物として楽しめたらいいか。

担当さんについた角は、下向きの角の方がよかったと思います。

下口智裕,清水栄一,読書ウルトラマン,ヒーローズ,下口 智裕,小学館,小学館クリエイティブ,鉄のラインバレル,ULTRAMAN

ULTRAMAN1

「鉄のラインバレル」のコンビによる「ウルトラマン」。

正確には、ウルトラマンの息子かな。
ウルトラマンの息子が、ウルトラマンの因子をもってうまれてという話。

じゃ、セブンとかの世界とは、つながらない?

まぁ、もともとつながってないはずだったというのはあるですけどね。

クトゥルフ神話研究会,読書ウルトラマン,クトゥルフ神話研究会,クトゥルー,シャーロック・ホームズ,本当に恐ろしいクトゥルフ神話,笠倉出版

本当に恐ろしいクトゥルフ神話 オールカラー

「本当に恐ろしい」かどうかは別にして、なかなか読みやすくまとまった1冊でした。
コンビニ本、侮れないな~。

まぁ、いろんな総合クトゥルフ本の寄せ集めといえばそうなんですが、クトゥルー神話自体がそんなものかなぁ。

シャーロック・ホームズすら取り込んでいったように、日本のクトゥルーの展開には、ぜひ、ウルトラマンも飲み込んでいって欲しいですね。