読書,青木朋アンジェリーク,ボニータ・コミックス,マハラジャ,マンガ,秋田書店,青木 朋

天空の玉座1

今回は、史実がらみではない感じです。でも、中国もの(笑)
そして、わたしは、「天空の玉座」という題名だけを聞くと、なんとなく「アンジェリーク」とか恋愛ゲームを思い浮かべてしまいますが、なかなかに、宮廷はドロドロで、ハードです。話だけ聞くと、「それ本当に少女マンガ??」って思うよ。
後宮を舞台にしていて、宦官とかバンバン出てきます。

青木 朋の主人公って、ひねくれた子が多いですが、今回は直情型の少女です。まあその分、男が全部(宦官含めて)ひねくれてるっちゃあひねくれてますが。
ちょっと、「蒼のマハラジャ」を思い出されてくれるところもある。

まだ1巻しから読んでないけど、名作の匂いがする。

有井エリス,読書アンジェリーク,エンターブレイン,シャッツキステ,ドミニオン,ボードゲーム,子ども,有井 エリス,私設図書館シャッツキステにようこそ!

私設図書館シャッツキステへようこそ! エリスとゆかいなメイドたち

爆誕したのは、ロクムさんでしょうか。
後半、ワラワラと増えた人たちについては、キャラ紹介がなので、イマイチわからなかったりするのですが。

ボードゲームの話は、思ったよりというか、ほぼまったくなかったですが、楽しかったです。
まぁ、シャッツキステには行ったことはないのですが、ドミニオンの大会でレイラさんは、見たことがあります。

あとは、ボードゲーム雑誌の記事とか、動画かな。

動画は、存外、ボードゲームの動画は見ていなくて、「アンジェリーク」の動画がめちゃくちゃおもしろかったです。それが、シャッツキステを意識したはじまり。妹が、アンジェをしていた頃を思い出して楽しかったです。

あと、「国語辞典の遊び方」なんかも、ここの動画を見て購入しました。

なんか、濃いお話って、するところがないじゃないですか。
男は、それでもいつまでも子どもみたいでもいいやみたいなところはあるけど(あるかな?)、特に女子は、そういうところから卒業していかないとダメみたいな圧力が強い気がします。
そういう人たちのアジールみたいな場所をエリスさんという人はつくりたかったのかなぁと思ったりします。

水野十子,読書アンジェリーク,マンガ,水野 十子,白泉社,空の中,花とゆめコミックス,遙かなる時空の中で,

遙かなる時空の中で15

記憶喪失編、まだまだ、続きます。
アクラムというか、鬼の存在についてみえてきたものもあり、けっこう、物語のターニングポイントがもしれません。

しかし、「アンジェリーク」にしろ、「遙かなる時空の中で」にしろ、なかなか、コーエイは、マンガに恵まれているなと思った。
丁寧にかいているので、なかなか続編に続かないという欠点はあるのだが……。

草川為,読書アンジェリーク,コーエー,十二秘色のパレット,白泉社,花とゆめコミックス,草川 為,龍の花わずらい

龍の花わずらい1

草川 為って、恋愛関係の話は、けっこうさりげなくて、どっちかというと苦手なのかと思っていました。

でも、最近の「十二秘色のパレット」とか、けっこうラブラブのお話が多くなってきました。

そして、今回のこの「龍の花わずらい」は、なんと恋愛が大テーマ、三角関係が中心の物語です。
すげー。

でも、やっぱり女の子は、色っぽくはなくて魅力的で、ドロドロはしていないのです。

しかし、女の子が、龍に変身するっていうのは、どうよ(笑)
しかも、蛇使いに操られているし(爆)

ある意味、パワー的にも、モテ的(?)にも、最強かも。

あぁ、このあたりが、アンジェリークとか、コーエーのネオロマンス・フォンの心をつかむのか?

いや、けっこう、わたしの心もつかまれていますが……。

荻原規子,読書きら,アンジェリーク,中公文庫,中央公論新社,秘密,荻原 規子,西の善き魔女,魔女

西の善き魔女6 闇の左手

ついに、世界の秘密があきらかに。そして、バードとフィーリの役割も。

かなり急展開で、事態も深刻なこの巻ですが、わたし読みながら、ずっと笑いっぱなしでした。なんとまあ軽やかに、荻原 規子は物語を紡いでいくんでしょう。

まさか、女王試験の行方があんなふうになるなんて思ってもいませんでしたが 、これもとても正しい気がします。

レアンドラ、アデイル、フィリエル。ライバルすらも味方につけてというのは、とっても正しい「女王試験」物語だと思います。

いやあ、女王試金石を今までフィリエルしかもっていなかったというのは、衝撃的でした。わたしが、読み取れてなかっただけか?
女王候補はみんなもっているんだと思っていました。なんで、3つもあって、しかも、もう女王ににならないような、オーガスタ王女とか、エリディーンとかが持っていたんだろう。
というか、いつ、受け渡しをするもんなんだコレは?
ただ単に、血族のあかしを立てるためだけのものならば、女王のところに1つあればすむ気もするし……。

とか、

結局、ディー博士は、どうなったのよ。

とか、

まだまだ、疑問は残っているのですが、そして、「これから」のこととか。

でも、ひとまずは、とてもきれいに物語がとじたなという気がします。
では、外伝に。