吾妻ひでお,読書ぽるぷちゃんの大冒険,アズマニア,アズ・マニア,ネオ・アズマニア,ハヤカワコミック文庫,吾妻 ひでお,少年チャンピオ,早川書房

ネオ・アズマニア3 ぱるぷちゃんの大冒険

たしかに、「シャン・キャット」は、いいと思います。
でも、吾妻 ひでおって、少年チャンピオンの編集とは、うまくいってなかったようだ……。

吾妻ひでお,読書アズマニア,ネオ・アズマニア,ハイパードール,ハヤカワコミック文庫,吾妻 ひでお,早川書房

ネオ・アズマニア2 ハイパードール

表題作の「ハイパードール」は、傑作でした。

しかし、「高二コース」なんかでかいていたのですね。学研、なかなかやるな。しかし、高校生にもなって、そんな本読んでいる人が、いたのか?
今でも、あるのか?

吾妻ひでお,読書アズマニア,ネオ・アズマニア,ハヤカワコミック文庫,マンガ,メタル・フィジーク,吾妻 ひでお,早川書房,SF

ネオ・アズマニア1 メチル・フィジーク

SFマガジンと劇画アリスにかいていた頃の吾妻 ひでお。
この頃のが、1番面白いというか、わけがわかんなくて好きです。

「いいかげんにかいてるなぁ」

とか、

「これぐらい、オレにもかけそう」

とか思えるけど、この狂気1というのは、本人をかなり疲れさせたようでした。

「どーでもいんなーすぺーす」とか、本当に名作です。

  1. しかも、人に受け入れられるだけの微妙なバランスの上に成り立っている狂気。 []