みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編12

まあ、鎖国なんてしていると、内と外の違いが大きくなって、開国するときには大変なことになるわなぁと。
そして、世界は植民地時代。とうぜん、儲けられるところからは、儲けようとする。

そして、大きな物語の中で、流されている人たち。
みんな生きている。

そして、万次郎と竜馬。
いやぁ、幕末っていう感じですねぇ。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編11

乙女さん、さな子と、キャラが立っていていいなぁと思います。どのドラマでも、ものすごくくっくりと浮かび上がる人物というのはいるものです。
乙女さんについては、やっぱり、「竜馬がゆく」のイメージが強いのかもしれませんが。

そして、時代は世界中を巻き込んでの大混乱の時代に入っていきます。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編8

消えたので、書き直し感想です。

福沢諭吉が出てきた。
お母さんが、すごい人だった。家族の影響というのは、考え方の根本になるので大きいと思います。

おしゃべり好きな設定がいい感じです。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編7

竜馬が出てくると、話が動いている感じがするなぁと。
ゆるい竜馬なので、引き締まった感じはしないけど(笑)

そして、蔵六とイネさん。良いわぁ。

みなもと太郎,読書みなもと 太郎,リイド社,風雲児たち,風雲児たち 幕末編

風雲児たち 幕末編6

熱い竜馬。
そして、素敵な乙女さん。

そう、この物語では、龍馬ではなくて、あくまで竜馬なんだなぁと思わせてくれます。

そして、風雲児たちの真の始まり。