手塚治虫,読書ぼくの孫悟空,マンガ,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

ぼくの孫悟空2 手塚治虫文庫全集

いや、なんというか、今読んでおもしろいかどうかは別として、感心する。
そのなんていうか、あくまで、今のマンガとして、「ぼくの孫悟空」をかいているたんだというその態度に。
だから、よけいに古くなってしまうというのはあるなぁ。1950年代の「今」だもんなぁ。

手塚治虫,読書ぼくの孫悟空,悟空の大冒険,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,西遊記,講談社

ぼくの孫悟空1 手塚治虫文庫全集

手塚版の「西遊記」といえば、アニメの「悟空の大冒険」をお思い出すわけです。あの八戒が車に乗っているやつね。
あれよりも、大分、真面目です。

沙悟浄が、カッパでないあたりが、手塚のこだわりだなぁと思います。