増田晴彦,読書ぶんか社,ぶんか社コミックス,増田 晴彦,風の騎士,風の騎士団

風の騎士団5

完結。というか、未完だよねぇ。第一部完的な。

そういえば、増田 晴彦って、寄生虫名義も含めて、あんまりしっかり完結しているお話ってないなぁ。
なんか、話が広がっていったところで、「第一部」完的なのが多い気がします。

あんまり組織とか書いていくの好きでなさそうなので、仲間集まったぐらいでかくことがなくなるのかなぁという気もします。
でも、魅力的なので、続きは読みたいと思っているんですけどねぇ。無理かな。

内田春菊,読書ぶんか社,内田 春菊,私たちは繁殖している

私たちは繁殖している12

まあ、加茂ちゃんのあたりを読んでいると、あんたも、ただ嫌いな人間、ネチネチいびってるよねぇと思わなくはない。
いや、卵なんて洗おうが洗わなかろうが、どうでもいいじゃんと、感じます。

まあ、ポジショントークっていうのは、生きがいな人は生きがいだからなぁ。
まあ、そのポジションで生きているんだから、大事だわな。

内田春菊,読書ぶんか社,内田 春菊,私たちは繁殖している

私たちは繁殖している11

消えたので、書き直しです。

ユーヤと別居。女性の怒りが、ポイント制というのが良くわかる。
まあでも、前の彼の時と同じ感じがするんだなぁ。なんというか、尽くしちゃうので、男はいい気になって、突然貯まった怒りで追い出されるみたいな。

まあそれでも、尽くされていい気になっている男が悪いっちゃあ、悪いのかも。

増田晴彦,読書ぶんか社,ぶんか社コミックス,増田 晴彦,風の騎士,風の騎士団

風の騎士団4

男の生き様とか、孤高の戦士とかは、ものすごく得意なんだけれど……。
なんというか、国同士の争いとか、思惑とか。集団の中で人はどう立ち回ったりするのかとか、そういうのは、苦手ですよねぇ。いや、かけないのではなくて、それに面白みをまったく感じていないということかも。

まあ、主人公が、それを配慮しなくて良いぐらいに強いということでもありますが。

増田晴彦,読書ぶんか社,ぶんか社コミックス,増田 晴彦,風の騎士団

風の騎士団3

キャラクターは、好きなんですけど、ストーリーは、行き当たりばったりで、けっこういい加減です。
でも、勢いがあって好き。