克・亜樹,読書ふたりエッチ,ジェッツ・コミックス,克・亜樹,白泉社文庫

ふたりエッチ53

裏ヒロインのみゆきちゃん。
我慢はいけない、本当の自分の気持ちに素直に、なんて言葉にだまされてる気がする。

実は、「本当の自分の気持ち」なんていうのは、ないんじゃないかなぁ。完璧主義であったり、プライドが高すぎると、不幸の原因を探しがちなのかな~。
みんな、どっかで無理をしてて、その無理を支え合うのがパートナーなのだと思います。

克・亜樹,読書ふたりエッチ,ジェッツ・コミックス,マンガ,克・亜樹,白泉社

ふたりエッチ52

子作り編。妊活という言葉は初めて聞きました。

じつは、親とかにでも相談しにくいところのあることですよねぇ。だから、このお話の中みたいに、わいわい話が出来る環境は、実は結構理想かもしれません。
まあでも、デリケートな部分もあるので難しいか?それとも、女の人だけだと、けっこう、こういう話しているもんですかね。

なかなか、人に相談するのが難しかったりするので、けっこうこのマンガみたいなのが頼りにされてたりするのかも。

甘詰留太,読書ふたりエッチ,ジェッツ・コミックス,年上ノ彼女,甘い生活,甘詰 留太,白泉社

年上ノ彼女3

割とまじめですよねぇ。「ふたりエッチ」と同じく。

でも、楽しいんだけど、やっぱり、2巻でやることやり尽くした感はあるかな~。
あとは、安定しながら、すれ違ったり、やきもきしたりが続くのだと思います。

それも、悪くないけどね。

克・亜樹,読書ふたりエッチ,ジェッツ・コミックス,マンガ,克・亜樹,白泉社,育児,赤ちゃん

ふたりエッチ51

しかし、ネタつきないな~。
若干、組み合わせで話を作ってるところもある気はするけど。

でも、ちょっとずつ関係が変化してくるところは、悪くないです。
多分、最終回は、赤ちゃん誕生なのかなぁ。育児マンガになっていってもおもしろいと思うんだけど。

克・亜樹,読書ふたりエッチ,ジェッツ・コミックス,克・亜樹,白泉社

ふたりエッチ50

「しかも、旧型」

……って、そんな深い分類があって、言葉をさらっといえる、真は、マニアですね。