アガサ・クリスティー,加島祥造,読書Agatha Christie,ひらいたトランプ,アガサ・クリスティー,クリスティー文庫,ナポレオン,ハヤカワ文庫,ブリッジ,早川書房

ひらいたトランプ クリスティー文庫13

ブリッジは良くわからないのですが、ルールを読んでみると、チームがはじめからわかっているナポレオンみたいな感じなのかなぁと。
ブリッジを知っていると、より楽しめそうなので、そこがちょっと残念。

クリスティのミスリードのテクニックは、凄いなぁと思います。
しかし、最後のポアロのアレ、多分、日本では許されないのでは。というか、裁判で証拠としての能力がないのでは?
自白があればいいのか?