ひのでや参吉,読書てんとう虫コミックス,てんとう虫コミックススペシャル,ひのでや 参吉,スプラトゥーン,小学館,Splatoon

Splatoon3

3巻で、一大イベント「ヒーローモード」が終わって、「2」への以降準備万端な感じの3巻です。
この軽さが、スプラトゥーンにはあっているなぁと思います。

そして、リアルでは、「2」発売。めりたくってますか?

もちろん、「橋の果てのマリタイム・メモリー」のように、「卒業」していった子たちも多いのも知っているけれど。
「ゼルダ」に「ドラクエ」。「モンハン」に「パズドラ」。世界に楽しいことはいっぱいで、忙しい。

わたしは、しばらくは、ここにいます。

ひのでや参吉,読書てんとう虫コミックス,てんとう虫コミックススペシャル,ひのでや 参吉,ゲームハウス,小学館,Splatoon

Splatoon2

7月発売の「2」もだんだん見えてきた、「Splatoon」です。
ゲームハウスは、準備万端です。

コミックスは、簡単にネタ切れになるのではと思っていましたが、それなりにおもしろく続いています。
好きです。

もしかしたら、イカならなんでもいいのかも。

藤子・F・不二雄,読書てんとう虫コミックス,ドラえもん,マンガ,ロボット,小学館,藤子・F・不二雄,藤子・F・不二雄大全集

ドラえもん2 藤子・F・不二雄大全集

ドラえもん2巻目。
知らないのも、けっこうあるなぁ。今回、コミックス初収録というのもあるみたいです。

てんとう虫コミックスの「ドラえもん」をそのまま全集として持ってこなかったのは、英断だったなあと思います。その分、多少、違和感のあるところもあったりするのですが。1

ドラミちゃんも、最初はそれほど優秀なロボットではなかったようです。

ドラえもんといえは、時折ある「いいお話」が印象に残ったりしていますが、普通のテンションのギャグマンガのなかに、ふっとそういう話がバランス良く入っているので、一層、印象深かったみたいです。
逆に、人情話ばかりだと、疲れちゃうと思います。

そして、けっこう、いいお話だけでなく、ギャグマンガのなかに、今の自分に繋がる、残っているものがあったりして、ビックリします。

  1. スネ夫の弟とか。 []