池上英洋,読書ちくま学芸文庫,官能美術史,池上 英洋,筑摩書房

官能美術史 ヌードが語る名画の謎

おもしろいのですが、文庫なので絵は小さいし、絵についている解説もフォントが小さすぎてちょっと辛い。
ピカソが非道い性格過ぎて、笑いました。

ジョゼフ・メイザー,トビアス・ダンツィク,水谷淳,読書Joseph Mazur,Tobias Dantzig,ちくま学芸文庫,ジョゼフ・メイザー,トビアス・ダンツィク,数は科学の言葉,数学,水谷 淳,筑摩書房

数は科学の言葉

まあ、途中からまったくついて行けなくなるのですけどね。
数の概念がどう発達してきたのかとか、多分、新しいことが理解されればあっという間に、今までのことってなくなっていく世界だと思うのです。だからこそ、その前の世界を見るのは楽しそうです。

まあ、でもこれは、極力、個人的な発見とかとは離されて、「真理としての数学」が語られている感じです。
並行して、チューリングの伝記なんかも読んでますが、そっちの方が同じ理解できないにしても、物語としてはおもしろいです。

トビアス・ダンツィク,Tobias Dantzig,
ジョゼフ・メイザー編,Joseph Mazur,
水谷 淳
筑摩書房
発売日 : 2016-06-08

苅谷剛彦,読書ちくま学芸文庫,教育の世紀,筑摩書房,苅谷 剛彦

教育の世紀 増補 大衆教育社会の源流

メチャクチャ真面目なアメリカの教育史で、最初は、辛いと思いながら読んでいたのですが、アメリカという国が「平等と自由」という理想と真っ正面から向き合って教育に取り組んでいる姿を知ることができて、読んで良かったです。
ただ、結論はなくて、困難な道を真面目に歩いていかなければならない。

この問題は、今の日本の教育問題にも繋がっています。でも、日本では、ここまで本質的なことは語られずに、印象だけで流されていく。

教育に、お金をかけない国の先は長くないと思います。