永野護,読書くらもち ふさこ,ファイブスター物語,ファイブスター物語 トレーサー,永野 護,花の詩女,角川グループパブリッシング,角川書店

ファイブスター物語 トレーサー Ex.1

消えたので、書き直しです。

「花の詩女」をこえて、バージョンアップされた「ファイブスター物語」ですが、これは、そのバージョンアップ前(かな)。
まあ、どっちもかっこいいと思ってしまうぐらい信者です。

くらもち ふさこまでが、イラストをかいている時点ですごいなぁと思うのと、それぞれの描いたイラストを見るだけで、その人がどんな「ファイブスター物語」を読みたがっているのがなんとなくわかるという。そして、それが、けっこう違うというのが、凄いですよねぇ。

くらもちふさこ,読書くらもち ふさこ,くらもちふさこ選集,東京のカザノバ,集英社

東京のカサノバ くらもちふさこ選集2

あれ?
わたしが、「雑談部屋」の方で、「まみあな」ってこんな話って言っていたときにイメージしていたのは、この話ですねぇ。

と、ブックオフで、「まみあな」の1巻(1巻しかなかった)を立ち読みしたら、「まみあな」の方も、捨て子の話でした(笑)
あながち、間違ってないのだが、わたしがイメージしてたのは、ばあちゃんの出てくるこっちですね。

ばあちゃんのイメージが残っています。
そういえば、きのう感想を書いた「KISS+…」の方は、あの店のおばちゃんの顔の印象が残っていました。
なぜだ、くらもちふさこ(笑)メインのストーリーは、あんまり残ってないのに、なぜ脇のワンポイントがこんなに印象的なんだ(笑)

あと、乙姫も印象に残っていました。けっこう、憎めない。何でかというとコンプレックスが強くて不器用だからでしょうね。
人から理解されにくい。
だから、とっても短い「東京のシュラバ」も好きです。

うむ。くらもちふさこの主人公男は、モテモテタイプが多いようです。

くらもちふさこ,読書くらもち ふさこ,くらもちふさこ選集,集英社,Kiss+πr2

Kiss+πr2 くらもちふさこ選集1

恋人のように 横に立ち
姉のように 口をとがらせ
妹のように すねて
そして
母親のように 寛大で
また 恋人にもどる

題名は、うまく表記できない(笑)
「キスプラスパイアールじじょう」です。

雑賀くん、モテモテです。
本人、無自覚なようですが(笑)ちょっと、無神経なところも、あると思いますが…。

あそこに葵ちゃんを連れて行くのは、ちょっと、あかんやろう……。いや、そういうことに、不器用なのかもしれません。

年上のかわいくて、心落ち着かせてくれる恋人はとっても素敵というお話。
いや、これからも、雑賀くんたちは、いろいろ波乱がありそうではありますが……。

うーむ。なんてわかりやすい罠だろう(笑)
でも、きっとそれは、真実だと思います。

しかし、このタイミングで「くらもちふさこ」を読み返している自分が……。いや、

「読め!」

という声があったので、偶然ではないんだろうけど……。

というか……そのとき、そのとき、いつも目の前に当たり前にこういう物語はあることなのに、いつもは自分が見逃していて、自分の精神状態によって、タイムリーだと感じるのか……?

なんか、いろいろな世界の流れが不思議だ。