かわぐちかいじ,藤井哲夫,読書かわぐち かいじ,モーニングKC,僕はビートルズ,歴史,藤井 哲夫,講談社

僕はビートルズ5

ファブ・フォーの演奏をビートルズは聞いていたのか……。まあ、それでなくっちゃ、ショックにならないからなぁ。

変わる歴史。
フェイクは、本物を越えられるのか?
そして、ビートルズは、倒れたままなのか?

結構、先が気になります。

かわぐちかいじ,惠谷治,読書かわぐち かいじ,ビッグコミックス,兵馬の旗,小学館

兵馬の旗1

今回のテーマも、「日本人とは?」みたいです。

幕末。価値観が大きく揺らいでいく時代。
主人公は、幕府軍というところが、意外というかおもしろい。

かわぐちかいじ,藤井哲夫,読書かわぐち かいじ,モーニングKC,僕はビートルズ,歴史,藤井 哲夫,講談社

僕はビートルズ4

あまりにもみんな、音楽のことがわかりすぎだろうとか思うのですが、これぐらい感じるものなんでしょうか?
このあたりは、音楽に鈍感なわたしには、判断できないな~。音楽以外にも、鈍感ですが……。

最後、電話してるのは、ジョン・レノンですよね。えらくショックを受けているのはもう、ファブ・フォーの曲が伝わったのでしょうか?
それとも、別の衝撃があったのか?

歴史を知っているが故のドキドキというのもありますね。

かわぐちかいじ,藤井哲夫,読書かわぐち かいじ,ジパング,モーニングKC,僕はビートルズ,藤井 哲夫,講談社

僕はビートルズ3

硬派な話ではないけれど、「ジパング」と同じ問いかけが根底にあるのがおもしろいなぁと思います。

でも、フェイクは、フェイクです。それ以上には、なれないのでは?

かわぐちかいじ,読書かわぐち かいじ,ビッグコミックス,太陽の黙示録,太陽の黙示録 建国編,小学館,沈黙,沈黙の艦隊

太陽の黙示録 建国編9

「太陽の黙示録」グランドフィナーレです。

けっこう、あっさり終わった感じです。これは、想定の範囲内ではないような気も……。
うちきり?
まぁ、まとまっているのは確かなんですけれど。

しかし、へたにいままで続いていたら、実際に地震なんかもあって、このご時世、大変な事になったかもしれないので、このへんで終わったのは、偶然かもしれないけど、成功なのかも。

なんか、「沈黙の艦隊」のときも、そんな感じのことがあったような……。

物語と同じように、実際の日本も、再生していって欲しいです。