栗本薫,読書いつかかえるになる日まで,スタンダードマガジン,子ども,栗本 薫

いつかかえるになる日まで

幼児向けかな。
栗本 薫が、自分の子どものためにだけ綴った物語。
多分、子どもが経験したり、これから経験するであろうと母親である栗本 薫が、感じていたいろんなことが入っています。

でも、ときどき、ドキッとする言葉あって、この母が子どもになにを願っていたのかが伝わってきます。

そのままのキミでいて。
現状の全肯定は、子どもにとってはとても大切な宝物なのだと思います。