ジャスティーン・ラーバレスティア,大谷真弓,読書Justine Larbalestier,あたしをとらえた光,ジャスティーン・ラーバレスティア,ハヤカワ文庫,ハリー・ポッター,大谷 真弓,早川書房

あたしをとらえた光

この人の大人の書き方も、ハリー・ポッターシリーズと同じく、ものすごく誠実だなと思います。
尊敬できるということは、完璧であるということではない。
完璧でないからといって、信用ではないわけではない。

今回、死がすぐ後ろまで追いついてきている感じがすごいです。
この先、何らかの救いを見せてくれるとは思うのですが、どこまで救えるのかというと、たぶん、全部は無理だと思う。

さて。