ショーン・フィリップス,ロバート・カークマン,市川裕文,御代しおり,石川裕人,読書ショーン・フィリップス,マーベルゾンビーズ,ロバート・カークマン,ヴィレッジブックス

マーベルゾンビーズ

ひでぇは、これは。
まあ、ゾンビっていうのは、そんなもんなんだろうけども。

なにがひどいって、喰った後、理性が戻るという設定がひどいです。
でも、楽しいといえば楽しい。

ショーン・フィリップス,Sean Phillips,
ロバート・カークマン,Robert Kirkman,
市川 裕文,石川 裕人,御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 : 2012-02-10

クリス・サムニー,ロジャー・ラングリッジ,御代しおり,石川裕人,読書Chris Samnee,Roger Langridge,THOR,アイアンマン,クリス・サムニー,ソー,ロジャー・ラングリッジ,ヴィレッジブックス

ソー マイティ・アベンジャー

読みやすいです。

ソーが、いろんなマーベルのキャラクターと絡んでいきます。

ソーが、結構軽いです。今風な感じ?
表紙の顔も、軽くて今風です。

なんか、アイアンマンの型は、すごく古いけど。

ロジャー・ラングリッジ,Roger Langridge,
クリス・サムニー,Chris Samnee,
石川 裕人,御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日:2011-06-30

 

オリビア・コワペル,ブライアン・マイケル・ベンディス,御代しおり,石川裕人,読書Brian Michael Bendis,Michael Bendis,Olivier Coipel,アベンジャーズ,ウォッチメン,オリビア・コワペル,ハウス・オブ・M,ブライアン・マイケル・ベンディス,ヴィレッジブックス,歴史

X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M

クロスオーバーなシリーズ。

世界としては、教授が死んでいて、マグニートーが支配している歴史が変わった世界なので、「エイジ・オブ・アポカリプス」とよく似た感じ。
まあ、あっちは、マグニートーが世界を支配はしていなかったか。

アポカリプスはいなくて(?)、割りと危機を回避した世界で、マグニートーは、英雄。
結局、この人、教授がいるとコンプレックスやら、教授の精神操作なんかの影響で邪悪になってしまうのでは?と、わたしは、いつもの教授黒幕説(笑)
まあでも、教授がいないと割りといい人なのではないかと思います。
そして、この世界は、基本平和。

偽りの平和か、苦い真実(破滅につながる)か、というのは、「ウォッチメン」の時にもあった選択で、どちらも、作品的には最終的には、「それでも真実」が選択されています。
でも、作品のでき不出来は関係なく、それって、正しい選択肢なのかな~と思う自分がいます。

わたしなら、そっちは選ばないかも……。あぁ、それは、その世界での自分の身の振り方によってかわるかも……身も蓋もないな。

オリビア・コワペル,Olivier Coipel,
ブライアン・マイケル・ベンディス,Brian Michael Bendis,
石川 裕人,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日:2010-10-30
 

ジョス・ウェドン,ジョン・カサディ,石川裕人,読書John Cassaday,Joss Whedon,アストニッシングX-MEN,ジョス・ウェドン,ジョン・カサディ,ヴィレッジブックス

アストニッシングX-MEN デンジャラス

「X-MEN ギフテッド」の続き。
けっこう、ちゃんと続きが出ているので、嬉しいです。
まぁ、ヴィレッジブックス、ちょっとお値段高い目だけど。

今回は、デンジャールームが牙を剥きます。
ちょっと、エグセビア・プロトコルとよく似た感じで、プロフェッサー以外のミュータントの弱点は、みんな知り尽くしています。

まぁ、デンジャールームにしても、エグセビア・プロトコルにしても、全部、プロフェッサーが作ったもので、それに、プロフェッサーがしっぺ返しをうけるのは、自業自得な気がします。
そして、その度に、信じていたのにひどい目に遭うミュータントこそ、かわいそうです。
だいたい、人、信用なさ過ぎです。このテレパス。

そして、ヘルファイヤークラブかぁ。おもしろくなってきた。

ジョス・ウェドン,Joss Whedon,
ジョン・カサディ,John Cassaday,
石川 裕人
ヴィレッジブックス
発売日:2010-07-30
 

 

クラウディオ・カステリーニ,ケビン・ノーラン,ジョセフ・ルービンシュタイン,ダン・ジャーゲンス,ピーター・デヴィッド,ホセ・ルイス・ガルシア=ロペス,ポール・ニアリー,ロン・マーズ,石川裕人,読書Claudio Castellini,Dan Jurgens,Jose Luis Garcia-Lopez,Josef Rubinstein,Kevin Nowlan,Paul Neary,Peter David,Ron Marz,アマルガム,クラウディオ・カステリーニ

DC vs マーヴル

アメコミ好きにはたまらないのですが、そうでない人には、多分、まるで価値もない1冊かも(笑)
ジャイブだから、値段も高いしね。

こうやって見ると、DCのヒーローも、マーヴルヒーローも、よく似た人が多いなぁと。まるで、この作品で対比されるためにわざとそうしたのかと思えてきてしまうほどですが。
ヒーローだけでなく、スパイダーマンの上司が、スーパーマンの働いている新聞社を乗っ取っちゃう話とかは、吹きました。これは、おもしろい。
多分、ときには、「パクリ」とか言い合って対立していたその部分を使っておもいっきり遊べる感覚は素敵です。

2つの世界が合体してのアマルガムも、笑ってしまいました。かっこいいやん。 あの混ざり具合が、絶妙でした。

まあ、ヒーロー同士の激突は、あっという間の2ページぐらいで決着がつくのし、基本、単純な殴り合いだしで、戦う意味もあんまりないし、どーうなんだろうなぁというのはありましたが。
ファンサービスなんて、あんなものか。

ワンダーウーマンに、ストームが勝ったというのが、ビックリでした。
まあ、ワンダーな人とオロロだったら、わたしも、オロロに投票するかな。まぁ、マーヴル贔屓なので。

ロン・マーズ,Ron Marz,
ピーター・デヴィット,Peter David,
ダン・ジャーゲンス,Dan Jurgens,
クラウディオ・カステリーニ,Claudio Castellini,
ジョセフ・ルービンシュタイン,Josef Rubinstein,
ポール・ニアリー,Paul Neary,
ホセ・ルイス・ガルシア=ロペス,Jose Luis Garcia-Lopez,
ケビン・ノーラン,Kevin Nowlan,
石川 裕人
ジャイブ
発売日:2003-11