ブライアン・マイケル・ベンディス,レイニル・ユー,今井亮一,石川裕人,読書Brian Michael Bendis,leinil Yu,ブライアン・マイケル・ベンディス,レイニル・ユー,ヴィレッジブックス,MARVEL

シークレット・インベーション

シークレット・インベーションは、もう、何年も前から、大規模に行われてきていた!!
ということで、ヒーローも、ヴィランもまきこんでの異星人との戦いです。

まあ、ここまで時間をかけて仕掛けを作ってきたクロス・オーパーは、なかったという規模で、ハッキリ言って一見さんお断り感も凄いです。

盛り上がる、

「アベンジャー・アッセンブル」

からの戦闘、そいて、ラストの急展開は、まあ、まだまだ、どこまでも続くのだなぁと思わせます。
なかなか、ヒーロー達の明日は暗いなぁ。

アンドレア・ディ・ヴィト,ジョン・ロジャーズ,府川由美恵,読書Andrea Di Vito,アスキー,アンドレア・ディ・ヴィート,アンドレ・ディ・ヴィト,エンターブレイン,クトゥルー,ソード・ワールド,ダークエルフ物語,ドラゴンランス,ファンタジー

DUNGEONS&DRAGONS 影の疫病

「D&D」のアメコミ。
よく見ると、ヴィレッジブックスでもなく、小学館プロダクションでもなく、KADOKAWAでした。なるほど、流れとしては、アスキーエンターブレイン系なのね(多分)。
まあ、こういうレーベルが出てきたのはうれしいけれど、角川系だと、けっこう売り上げがシビアで切られるのが早いんでないかと心配もしています。
今は、クトゥルー神話系とか、D&D、エルリックとか、TRPGと関わりの強そうなところを攻めている感じですね。

ただ、わたしはイマイチわかっていないのですが、「D&D」というのは、システムの名前であって、世界観ではないんですよねぇ?だから、ルール的には同じでも、多分、「ドラゴンランス」の世界や、「ダークエルフ物語」の世界とは繋がっていない。そして、「ドラゴンランス」の世界ですら、世代によってちょっと世界観が変わってくるという感じになっているんだと思います。
あってる?これで?

ということで、これは無印の「D&D」なのかな。そんなに世界的な設定とかはなくて、おなじみなファンタジー世界で、おなじみの種族が、おなじみのモンスターと戦って、おなじみの冒険をするという感じです。世界の設定そのものを改変してしまったり、パワーバランスを壊すような大きな冒険はしない感じで、冒険者の日常という感じです。
初期のソード・ワールドTRPGのスチャラカ冒険隊みたいな感じ。
まあ、「D&D」も知らないうちに、いろいろな種族が増えているので、わたしにとっておなじみというわけではないんですけどね。

物語としては、そら、スケールが大きい物の方が、ファンタジーという感じがしますけど、こういう小さな冒険も好きです。
やがて英雄とよばれるようになるのかどうか?それは、わからない。
でも、若さとなんとかなるという自信だけは、もっている。
そういうお話。

そして、続き、あるのか?

しかし、KADOKAWAなら、こんなヴィレッジブックスみたいな値段にしなくても出せたのでは……。

アンドレア・ディ・ヴィート,Andrea Di Vito,
ジョン・ロジャーズ,John Rogers,
府川 由美恵
KADOKAWA
発売日 : 2019-12-17

ダン・スロット,ボブ・ゲイル,マイク・マッコーン,マルコス・マーティン,読書,高木亮Bob Gale,Marcos Martin,Mike McKone,SPIDER-MAN,シビル・ウォー,スパイダーマン,ダン・スロット,ボブ・ゲイル,マイク・マッコーン,マルコス・マーティン

スパイダーマン ブランニュー・デイ3

「例のシビル・ウォーで…」

というセリフがあるので、シビル・ウォーは、この世界でもあったと。
まあでも、チームアップして戦うよりも、こうして、ご近所の平和を守っている方が、スパイディらしいともいえるなぁ。

人気者なので、いろんなところに出したいというのもあって、難しいところです。

そして、ものすごく宙ぶらりんのまま、ブランニュー・デイは終了。むしろ、悪化してないか?
アメコミめ!!というか、シーズンまたぐドラマって、いっつもこんな感じですね。

マルコス・マーティン,Marcos Martin,
マイク・マッコーン,Mike Mckone,
ダン・スロット,Dan Slot,
ボブ・ゲイル,Bob Gale,
高木 亮
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2013-02-27

アンドレイ・サプコフスキ,天沼春樹,川野靖子,読書Andrzej Sapkowski,アンドレイ・サプコフスキ,ウィッチャー,ハヤカワ文庫,天沼 春樹,川野 靖子,早川書房,氷と炎の歌

ウィッチャー1 エルフの血脈

これも、車の中でアレクサに読んでもらいました。
翻訳本では、初です。ちょっと、向いていないかもと思いつつも、まあいいか。

ウィッチャーは、Netflixのドラマで第1シーズンを見ました。
まあだから、簡単なストーリーぐらいは知っています。ゲームは、やってないです。

1巻目だけど、いきなり「魔法剣士ゲラルドのこれまで冒険」から始まっています。「以下は、短編集に記された……」って、オイ!!
まあ、前日譚は、Netflixのドラマでやっていたから、なんとなくわかります。

割とおもしろいのですが、「氷と炎の歌」と比べると、ちょっとどうしても主人公がアウトローな個人なので、壮大さはないかなぁと思います。まあでも、その分、ストーリーとしては追いかけやすいかな。基本、短編の連作みたいな感じですし。

今回、この物語を読んで、衝撃的だったのは、吟遊詩人って大学の資格がいるってことでした。この世界では、かなり認められている職業ということなんでしょうかねぇ。まあ、物知りでないとできないとは思うのですが。

パトリック・ツィルヒャー,ファビアン・ニシーザ,小池顕久,読書Fabian Nicieza,Patrick Zircher,ケーブル,ケーブル&デットプール,デッドプール,パトリック・ジルシャー,ファビアン・ニシーザ,ヴィレッジブックス,MARVEL

ケーブル&デットプール 銀の衝撃

2巻目。
まあ、アメコミはあんまり巻数が入らないので、入れておくのは意味があるかも。

世界をちょっとだけ良いところに変えようと奮闘するケーブル。
そして、ケーブルを救うためにメチャクチャするデップー。
どっちも、なかなかのヒーローです。

現実に切り込もうとするヒーローが、この2人だというところが、皮肉が効いているというか……。

なんとなく、大団円な感じで終わるこの感ですが、でも、この物語って、失意のうちに終わるんだろうなぁ……。と思いながら見ています。