読書,諫山創諫山 創,講談社コミックス,講談社コミックス 週刊少年マガジン,進撃の巨人

進撃の巨人26

物語のどんでん返しあったら、それで終わりってパターンも多いと思うのですが、この話はそれを「転」にもってこようとしている。
それに、読者の方がついて行けていない部分もあるのだけれど、すごいお話を読んでるなぁと思います。

そして、この先、誰でも死ぬよという怖い宣言です。

士貴智志,涼風涼,読書,諫山創マンガ,士貴 智志,涼風 涼,諫山 創,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 Before the fall

進撃の巨人 Before the fall 14

時代のせいかもしれませんが、キュロクとシャルルの生き急いでる感が半端ないなぁと。
そして、このマンガって、全滅エンドでないだろうなぁとちょっと心配しています。

読書,諫山創戦争,諫山 創,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス 週刊少年マガジン,進撃の巨人

進撃の巨人25

巨人大戦争。
もう、初期みたいな不気味さはなくて、なんというか、ものすごい兵器です。

そして、戦いに正義なんてない。または、どちらにも正義はある。
ここまで見事にひっくり返した上で、その先をかこうとしている作品って、少ないと思います。

読書,諫山創諫山 創,講談社,講談社コミックス,進撃の巨人

進撃の巨人24

なんというか、やっと繋がった感じです。
しかし、けっこう最悪な形ではないかなぁと。

知らないことは罪だと、それでも、生きていかなければならないのだと、それをけっこう突きつけてくる話です。

アニメ、3シーズン、楽しみです。

士貴智志,涼風涼,読書,諫山創シリウスKC,士貴 智志,涼風 涼,諫山 創,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 Before the fall

進撃の巨人 Before the fall 13

立体起動装置完成。
あとは、これを使いこなしていく段階。使いこなせた段階で、あれだけ絶望的なんだから、この時代がどれだけ閉塞感があったかというのは……。

憲兵がキーになっているけれど、憲兵の中にも知っている側と知らない側がいるみたいです。さて。