森瀬繚,読書,静川龍宗「世界の魔法使い」がわかる,ソフトバンク クリエイティブ,ソフトバンク文庫,マーリン,森瀬 繚,静川 龍宗,魔術師

「世界の魔法使い」がわかる マーリン、パラケルスから近代魔術師まで

魔術師は、現代に近づくほど怪しくていい感じだ(笑)

若干、使い回しの感じが……同じ作者だし。

司史生,森瀬繚,読書ヒット,ラー,司 史生,図解 第三帝国,新紀元社,森瀬 繚,F-Files

図解 第三帝国 F-Files15

まあ、わたしのヒットラーの知識というのは、けっこうあやしいものばかりでして……ロンギヌスの槍とか……、けっこう、オカルトではなかったのね第三帝国というのが、がっかりな感じです。
というか、オカルトパージをしていたとは、知らなかったです。そして、シュタイナーが、攻撃されているという……。

ということで、おもしろかったのは、「第5章」の第三帝国といろいろなオカルトとの結びつきというか、関係が、おもしろかったです。

坂東真紅郎,森瀬繚,海法紀光,読書「堕天使」がわかる,エルリック・サーガ,ソフトバンク クリエイティブ,ソフトバンク文庫,ソロ,坂東 真紅郎,森瀬 繚,海法 紀光

「堕天使」がわかる サタン、ルシフェルからソロモン七二柱まで

いろいろな悪魔が、どうやって作り出されていったのかという感じの話が多くて、なかなか興味深かったです。

まあ、なんで他の悪魔のところでふれているのに、アリオッチのところで、エルリック・サーガへの言及がないのかとか、気になるところは、ツッコミどころは、それなりにあるのですが。

でも、こうやってみると、悪魔って悪いヤツばかりでないということがわかって、おもしろいです。

森瀬繚,称名寺健荘,読書イーシャの舟,ファンタジー,図解 宇宙船,新紀元社,森瀬 繚,称名寺 健荘,F-Files

図解 宇宙船 F-Files8

ファンタジーから離れて、今回は、宇宙船がテーマでした。
でも、良かったですよ。

今は、宇宙開発がちょっと止まっている時代です。
まあ、宇宙開発には莫大なお金がかかるので。余裕がない。これは、あんまり平和でない証拠かも。

でも、スペースコロニーも、宇宙ステーションも、実現が見えてきた時代。

もっと、上をむいて歩いていかなければ。

全世界が…。

と思った「イーシャの舟」を読み終わった日でした。

森瀬繚,読書,静川龍宗図解 吸血鬼,新紀元社,森瀬 繚,静川 龍宗,BLOOD+,F-Files

図解 吸血鬼 F-Files6

「BLOOD+」を現在読んでおりますが、これ、元になる「BLOOD」というのがあったようですねぇ。

吸血鬼は、けっこういろんな所で活躍していますねぇ。復活能力というか、死なない(もう死んでるともいいますが)というのが、やっぱりかなりボスキャラに相応しいのだと思います。

これは、「美夕」まで載ってて、楽しめました。半村良とかは、載せてもよかったのに…まあ、なにを削っても、こういう風にはいわれてしまうんでしょうけどね。