川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ6 修羅の門異伝

いや、島、すごいやん。
まあこれ、後にひびいてくるんじゃないかと思うけど。しかし、サッカーの反則って、次の試合に引き継ぐのがおもしろいというか変ですよねぇ。
でも、つないだ。つながらなければ、どうにもならないんだから、これは、ファインブレー。

そして、前向きなところは好きです。

川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ5 修羅の門異伝

サッカーが一旦終わって、格闘マンガに。
そして、格闘マンガの運びは、うまいねぇ。どっちにも花持たせるというのが、フラストレーションはたまるけど、うまいわ。

1回負けたら終わり。次の試合ぐらいが、山場なのかな。

川原正敏,読書修羅の刻,修羅の門,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,陸奥圓明流外伝

修羅の刻17 陸奥圓明流外伝

消えたので、書き直しです。

綺麗に「修羅の門」に続く。多分、年代的な意味では、「修羅の刻」の一番最後のお話。
静流さんは、現が勝ったと思っているんだと。その真意は、わからない。どこまでいってもわからないけれど……。

なかなか、シビれた。
良い、青春の物語。

川原正敏,読書修羅の刻,修羅の門,川原 正敏,歴史,講談社,講談社コミックス,陸奥圓明流外伝

修羅の刻16 陸奥圓明流外伝

消えたので、書き直しです。

歴史とからむ修羅の刻ですが、今回は、それほど有名人は出てこない。
「修羅の門」のケンシン・マエダと山田さんの青春篇。

これ、なんかおもしろいです。

不破になれなかった男と陸奥になれなかった女。
でも、この2人の結びつきが、後に最強を生み出す。

川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ4 修羅の門異伝

試合をしながら強くなっていく。
そのために、いろいろ試していく。

それは、言うほど簡単なことではないです。