大河原邦男,安彦良和,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大河原 邦男,子ども,安彦 良和,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4

「シャア、謀ったな」

の4巻目。

ガルマとシャアとの関係なんかも、子どもの時に見ていたのとはちょっと違うところも見えて楽しいです。シャアが、ガルマの境遇に嫉妬しているところもあるのかなぁと思ったり。
人間のこまかいところは本当にうまくて、特に、カイさんとセイラさんの関係というか、やりとりがいいなぁと思います。

特に、ドラマとして最高峰の「再会、母よ」あたりですので。

大河原邦男,安彦良和,矢立肇,読書ガンダム,安彦 良和,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,美樹本 晴彦,角川コミックス・エース

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3

いー感じに、ギスギスしているわぁ。
こういう、細かい芝居をかかせると、安彦 良和は、天下一品だなぁ。

逆に、大局を見た盛り上がらせ方なんかは苦手なのですが、ガンダムの場合、大きな流れがしっかりしている富野 由悠季原作なので、両方の長所が活かされている感じです。

それは、安彦 良和よりも、ちょっと小粒になるけど、美樹本 晴彦もそうですねぇ。
やっぱり、絵をかく人というのは、細かいところが気になるんでしょうか。
そして、アニメでは雑だった部分が、丁寧にかけています。
まあ、ホワイトベースが大気圏内を飛んでいるという不自然さは仕方ないんですけどね。

でも、人間のこまかいところは本当にうまくて、ジオンの兵隊さんと降りた人たちのからみが、良かった。

安彦良和,読書リュウコミックス,安彦 良和,徳間書店,麗島夢譚

麗島夢譚3

陽性の安彦 良和。
これも、けっこう好きです。

これで完結だとばかり思って読んでいましたが、あと1巻残っていました。

安彦良和,読書ゆうき まさみ,ヤマトタケル,ヤマトタケルの冒険,安彦 良和,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川コミックス・エース,角川書店

ヤマトタケル1

なんか、最近、精力的な安彦 良和さんですな。

おそらく、「ナムジ」、「神武」と続く古事記シリーズのの続きです。

わたしは、ヤマトタケルのお話は、実は、ゆうきまさみの「ヤマトタケルの冒険」で知ったのでした。あとで、あれがけっこうそのまんまの話だと知って、びっくりした記憶があります。
話としては、もうできあがったものなので、それをどう料理していくのか楽しみです。

スクネが、いい味出してます。

安彦良和,読書アフタヌーンKC,ファンタジー,天の血族,安彦 良和,歴史,竹宮 惠子,講談社,SF

天の血族1

「天馬の血族」は竹宮 惠子ですが、こっちは、「天の血族」です。

古代と明治が、これから交わって行くみたいです。
わりと、この人の歴史物って、ファンタジーやSFでもあっても、「不思議がない」感じで進んでいくので、どんな感じで交わるのかは、結構興味があります。

夢オチ?