吾妻ひでお,読書うつうつひでお日記,うつうつひでお日記 DX

うつうつひでお日記 DX

そして、吾妻 ひでおの名前は、再び闇の中に消えようとしている???

ということで、文庫版「うつうつひでお日記」です。
以前、読んだのは2年半ほど前ですね。

あらためて読んでみて、傑作でした。

この人の全集、でないかなぁ。出たら、買うよ。

吾妻 ひでお
角川グループパブリッシング
発売日:2008-08-23
 

吾妻ひでお,読書ぽるぷちゃんの大冒険,アズマニア,アズ・マニア,ネオ・アズマニア,ハヤカワコミック文庫,吾妻 ひでお,少年チャンピオ,早川書房

ネオ・アズマニア3 ぱるぷちゃんの大冒険

たしかに、「シャン・キャット」は、いいと思います。
でも、吾妻 ひでおって、少年チャンピオンの編集とは、うまくいってなかったようだ……。

吾妻ひでお,読書アズマニア,ネオ・アズマニア,ハイパードール,ハヤカワコミック文庫,吾妻 ひでお,早川書房

ネオ・アズマニア2 ハイパードール

表題作の「ハイパードール」は、傑作でした。

しかし、「高二コース」なんかでかいていたのですね。学研、なかなかやるな。しかし、高校生にもなって、そんな本読んでいる人が、いたのか?
今でも、あるのか?

吾妻ひでお,読書アズマニア,ネオ・アズマニア,ハヤカワコミック文庫,マンガ,メタル・フィジーク,吾妻 ひでお,早川書房,SF

ネオ・アズマニア1 メチル・フィジーク

SFマガジンと劇画アリスにかいていた頃の吾妻 ひでお。
この頃のが、1番面白いというか、わけがわかんなくて好きです。

「いいかげんにかいてるなぁ」

とか、

「これぐらい、オレにもかけそう」

とか思えるけど、この狂気1というのは、本人をかなり疲れさせたようでした。

「どーでもいんなーすぺーす」とか、本当に名作です。

  1. しかも、人に受け入れられるだけの微妙なバランスの上に成り立っている狂気。 []

吾妻ひでお,読書うつうつひでお日記,マスコミ,マンガ,単行本コミックス,吾妻 ひでお,角川書店

うつうつひでお日記

完璧主義者なんだなぁと思います。
オール・オア・ナッシングなんですね。

自分でそれはいけないと思いつつも……。

多分、以前と同じギャグでも、ちょっとみたくれをかえたりとかはすぐに出来ると思います。それ以上に、同じギャグでも、きっとそれを心地よいと思う読者は、「お約束」として受け入れるだろうし、そのなかで少しずつ練っていってもいい。また、同じ人間が見ているかどうかもわからないのだから、いろんな場所で、同じギャグをやるのは、決して間違えではないと思います。

でも、それが許せないようなんですねぇ。

「ポロン」とか、「ななこ」とかの文庫で書き下ろしがあったので、そういう状態からは抜け出しているのかと思っていましたが、そうではなかったようです。
それを見せないあたりは、すごいなぁ。

この天才が、そうやってくるしみながら、それでも生きて、マンガにしがみついてくれているのは、やっぱりファンとしてとてもうれしいです。

でも、「失踪日記」が売れたとたん、手のひら返すマスコミ。
今、前以上に鬱になっていないといいのですが……。

あと、ミャアちゃんが出てくると、なぜか、わたしは、この子にだけ、

「あ、ミャアちゃんだ!!」

と反応してしまうことに気がつきました。

「スクラップ学園」、再販されないかなぁ……。