南條範夫,山口貴由,読書シグルイ,チャンピオンREDコミックス,南條 範夫,山口 貴由,秋田書店

シグルイ10

滑稽なほど過剰な情念が、この人の物語の魅力です。
濃いのが嫌いな人は、ダメだろうなぁと思います。

でも、それには美もある気がする。

南條範夫,山口貴由,読書シグルイ,チャンピオンREDコミックス,南條 範夫,山口 貴由,秋田書店

シグルイ9

なんか、もう集団いじめですよねぇ。
源之助、弱いよねぇ。どう考えても、師匠や兄弟子の方が強そう。

跡継ぎというのがなければ、とっくに清玄に何回かやられてないか?

南條範夫,山口貴由,読書シグルイ,チャンピオンREDコミックス,南條 範夫,山口 貴由,秋田書店

シグルイ8

どう考えたって、源之助の方が有利なんである。
それを、そう感じさせない、力任せの説得力があって、よい。

南條範夫,山口貴由,読書シグルイ,南條 範夫,山口 貴由,秋田書店

シグルイ7

ついに、激突。
これで、1巻のシーンにもどるのかなと思ったけど、まだ、藤木の左腕も、伊良子の足もまだその状態になっていないのですね。

最後まで、ひっぱるのかな。

南條範夫,山口貴由,読書シグルイ,チャンピオンREDコミックス,南條 範夫,山口 貴由,秋田書店

シグルイ6

目が見えなくてコレなら、目が見えるときにもっとちゃんとしておけばとか思いますが……。

でも、そうはならないのところ、そして、それに説得力があるところが、すごいです。