ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,堺三保,読書Jeph Loeb,Tim Sale,あ・そ・ぼ,ジェフ・ローブ,スパイダーマン,ティム・セイル,デアデビル,小学館,小学館集英社プロダクション,映画

デアデビル ブルー

色シリーズとでもいうのかな。
「あ・そ・ぼ」では、「スパイダーマン ブルー」の感想を書いています。

さて、それの「デアデビル」版です。
「デアデビル」は、映画を1本見たのと、暗くて思いコミックスを数冊読んだだけで、思い入れがけっこうないんですよねぇ。
話の構造自体は、「スパイダーマン ブルー」と同じ感じで、いい話なんですが、スパイダーマンのときみたいに大泣きはしないです。というか、あんまりにも、「スパイダーマン ブルー」と同じ話すぎるのかも。

でも、このちょっと古いアメコミの感じは好きです。

ティム・セイル,Tim Sale,
ジェフ・ローブ,Jeph Loeb,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2016-06-22

ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,読書,高木亮Jeph Loeb,SPIDER-MAN,Tim Sale,ジェフ・ローブ,スパイダーマン,ティム・セイル,小学館,小学館集英社プロダクション,集英社,MARVEL

スパイダーマン ブルー

グウェンとの思い出を語るピーター・パーカー。
わたしら古いファンは、多分、大泣きしています。

でも、グエンが誰で、どうなったのかを知らない人にとっては、なんのことなのかはわからない物語だと思います。

ピーター、けっこうモテてるやん。

そして、MJの最後のセリフ……。
もう、わたしにとっては最高傑作です。

ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,読書,高木亮Jeff Parker,Roger Cruz,ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,小学館,小学館集英社プロダクション,集英社,ShoPro Books,X-MEN

X-MEN ファーストクラス 明日への架け橋

最初のXマンたちの物語。
たしか、「ファースト・ジェネレーション」は、これを原作にしようという話もあったとかいう話を聞いた……気がする(すいません、ものすごく不確かな情報です)。

X-MEN特有の暗さがなくて、ものすごく読みやすい。みんな学生のノリです。
一瞬、ジェネレーションXかと思った。
でも、これもよいものです。
元々、学園ものといえば、学園ものですからねぇ。

ワンダがけっこうかわいいです。頭のかざりがリボンみたいになっています。