山田ミネコ,読書パトロール,小角と姫神の谷,山田 ミネコ

小角と姫神の谷 上

表紙、木刀(八角棒?)もった小角と、題名の「姫神の谷」から、てっきり、役行者の方だと思っていましたが、パトロール小角の方でした。
ということは、ロロは……。

ということで、どのシリーズと言えば、「パトロール・シリーズ」なるのかな。メインストーリーではないけれど、小角の物語です。多分、まだオタルのパトロール時代。

小角と姫神の谷(上)

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,大暮 維人,舞城 王太郎,集英社

バイ オーグ・トリニティ10

訳がわからないなりに、いろんなことが見えてきて、ちょっと面白くなってきた。
これは、後半戦は、けっこう期待できるかも。

自分の望む未来は、多分、自分のエゴでだれかを傷つける。

その傷つけることさえも、物語は包み込んでいくことができるのか?

川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ6 修羅の門異伝

いや、島、すごいやん。
まあこれ、後にひびいてくるんじゃないかと思うけど。しかし、サッカーの反則って、次の試合に引き継ぐのがおもしろいというか変ですよねぇ。
でも、つないだ。つながらなければ、どうにもならないんだから、これは、ファインブレー。

そして、前向きなところは好きです。

吉田秋生,読書吉田 秋生,小学館,海街diary,flowers comics

恋と巡礼 海街diary8

うん。
なんか、一番、そういう恋愛のいざこざとかかわりなさそうに見えていたチカのところで、こういう話をかくの本当に凄いと思います。
そしてまた、それぞれの微妙な表情をかいてくるなぁ……。

4姉妹それぞれ、恋に、生きていくことに、前向きになってフィナーレになだれこんでいく感じです。

わたしにとってダメな人だった人たちは、わたしにとってダメだっただけで、なにかがんばっていたことはあったのかもしれない。だからといって、わたしにとってダメだったことをゆるさなければならないわけでもない。
自分が前を向いて生きていく。ただ、それだけ。

尾田栄一郎,読書ジャンプ・コミックス,尾田 栄一郎,ONE PIECE,ONE PIECE DOORS!

ONE PIECE DOORS! 3

ドフラミンゴをやっつけて……、ぐらいまでの扉絵かな。

まあ、いろいろ裏の設定がここで公開されていたりするなぁと。それでも、気づかないものは気づかないんですけどね。
大事なのは、ふり返らなくても楽しいと思わせる、今のノリですね。